“日本海”廃止か

昨日のニュースで「特急日本海が廃止されるかも」と出ていました。ちょうどその日、東海道線を大阪へ下るEF81に牽かれたブルートレインを見ました。中学生になった頃、あさかぜが20系になってそれを見るため夜行列車に乗って八本松で降りて夜明けのあさかぜを撮ったのを懐かしく思い出します。余談ながら、このとき家出少年と間違えられたのか警官に誰何されたり、八本松の線路端では奇妙な車が行ったり来たりしているのに出くわした。それはカバーをつけたままで走っているようで不思議に思ったのだが後に発売されたマツダキャロルという自動車だとずいぶん後になってからわかりました。

あの頃の鉄道は本当に輝いていました。われわれは日本の鉄道の一番いい時期を生きてきたのかも知れませんね。

2 thoughts on ““日本海”廃止か

  1. 会長さんのおっしゃるとうり、変化に富んだ車両や運転方法。新幹線登場に胸をわくわくさせていた時期だったのです。何かにつけて統一の道をさぐり効率化が進み、個性が失われていたところに東日本大震災に襲われた日本、過去の垂れ流し政略のツケを整理しないと子孫に悔いを押しつけることになります。スピード競争は無用、空気を運ぶ車両も無用、効率化は人類の繁栄のためのものであるべきが、破滅を招くものであってはならない。そういった意味で鉄道の良さをもう一度再認識してほしい、と思っています。
    10月末から「コメント」が入れらくなったトラブルが発生しましたが、本日「コメント」に挑戦してみたら入りました。この間、相談に乗って頂いた介護師の皆さん、ありがとう。

  2. 長老様、無事ご帰還おめでとうございます。
    投稿できるようになったらたまっている原稿を連投おねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください