【26980】2012年冬の中国鉄路の旅 Part5 长春路面電車と軽軌

第6日目 11月17日
① 図们 前日20;30( K7368次)→5:45长春
② 长春19:46(2727次)→翌日9:10绥芬河

定刻に夜明け前の長春に到着しましたが、前回と同様に本站から離れた臨時站です。
少し歩かないと本站まで行けませんが、降った雪で思うように進めません。

途中で朝飯にしました。チェーン店のお粥屋ですが、中々でした。

朝食後に長春站横のビジネスに休憩のため行きましたが、満室です。中国でもスーパーホテルや東横インのような安価でインターネット等々設備の充実したビジネスホテルチェーン店が増えましたが、人気です。
他のホテルに行きますと、外国人お断りです。仕方なくちょっと高いですが、かつてのヤマトホテルにしました。
▲  以前に長男と满洲旅行の際に宿泊しましたが、部屋はリニューアルされて格段に良くなっていました。インターネットも問題ないようです。小竹先生は、しばらく部屋で仕事です。私は、路面電車の撮影に行きたいのですが、乙訓の老人からいただいた資料によると、8月より工事中で休止しているようです。そろそろ工事が終わて走り出していないかを確認したくて、駅前から軽軌に乗車して向かうことにしました。

ところが、以前とは違って超満員です。乗り残しを出しての発車でした。
雪で路面が凍結して、自動車では危ない。遅れるとの人民の判断もあったでしょうが、乗客の殆どは日曜日とあって若い男女です。 


▲ 行ってみますと、路面電車54路は、並行する道路の高架化が建設中で、まだ休止をさせられていました。
 ▲ 車庫まで滑る路面を気を付けながら歩いていきますと、車庫もリニューアル中です。車両は、走行路線に留置してありました。長春号も200型も保管されていました。
長春(新京)の路面電車につきましては、前回調べておりましたレポートがまだ未完状態です。落ち着きましたら、歴史と短い歴史につきまして発表したいと思っております。しばらくお待ちください。  

 ▲ 車庫からの帰りは、滑る道路はお断りです。54路代替バスで湖西橋駅まで戻り、軽軌に乗って未乗車区間の3号線終点まで乗車することにしました。
▲ 軽軌とはいえLRTです。雪煙をたてながら走る姿は中々です。70km/h走行ですので、いい感じなのですが、駅近くになるとスピードが落ちて、撮れないのが残念でした。
▲ 最近延伸された3号線や、開業した4号線の軽軌は高架軌道になっていますが、誕生した頃の路線は専用軌道とはいえ道路横を走っていましたので、踏切もありました。 道路が凍結している日には、踏切で立ち往生の車もあります。踏切番以外のも近くの人民が脱出を手使っていました。
2号線最終駅に到着しました。映画村のあるところです。
 ▲ 12時になり、ぼちぼち引き返そうかと思っておりましたら、小竹先生より仕事も片付いてきた。王さんがお見えになったので、昼食でも一緒に食べようかとの電話が入りました。かなり遠い場所ですので、1時間半以上はかかりますと申し上げて帰路につきました。
 ▲ 雪の鉄路を走るLRTは中々撮れるものではありません。途中で欲が出て、もう数カットは撮っておきたいと、4号線との交差駅の卫星路站(衛星路駅)で途中下車しました。
撮影目的は果たせましたが、長春站に向かう軽軌3号線は、ものすごい混みようです。下車する乗客より乗車する乗客が圧倒的に多く、乗せてもらえません。
2本を待って諦めました。4号線なら最短コースで行けます。長春北口に着きますが、北口から南口までの移動は問題ないと思いましたが、大きな間違いでした。

▲ 長春站は、12月1日に開業する哈大高速鉄道のための工事中です。広大な地下通路は、案内掲示板も未設置でどこに行ったらよいか分りまえん。
それでは、構内に入って2階の待合室まで上がり通り抜けようとしましたが、反対側には行かせってもらえません。Uターンして地下通路に戻って迷走を重ねて表口にたどり着いたのは、予定より1時間近く遅れていました。

お待ちになっていた王さんと小竹先生に平謝りです。申し訳ありませんでした。
私は、今夜から小竹先生と分れて、漫遊の一人旅にでます。最初の目的地はロシアとの国境の町「綏分河」です。一方の小竹先生も夜行で大連に向かわれ、帰国されます。
短い期間でしたが、先生の大事な取材旅行にご同行をさせていただきまして、ありがとうございました。また、いろいろと教えていただきましてありがとうございました。
次回お会いできますのは、年末のスイリンです。よろしくお願い申し上げます。

ぶんしゅうさんは、風邪を引いているようなので犬鍋を食べるのが1番良い。お年なので、気を付けて中国鉄路の旅を楽しんでくださいと激励されて、一足早く長春站へと向かいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください