2012年冬の中国鉄路の旅 Part4 国境の橋Ⅲ 琿春(珲春)

第5日目 11月16日
① 図門(Taxi)→琿春(珲春)→図们
② 図们20:30(K7368次)→翌日5:45长春

今日は、昨日のTaxiを再チャーターして、図们から東方向(珲春)へと向かい約60キロ先の国境の橋を目指しました。
【不運の鉄路】
 1932年に「珲春鉄路」が設立され、1935年に満鉄北鮮線の訓戎~珲春(14.8キロ)が、762mmのナローゲージで開業しています。訓戎~水湾に架かる国境の橋はこの時に建設されました。
1938年には、「東満洲鉄道」に買収され、1939年には輸送力増強のために1435mmへと改軌されました。国境の橋も、この時点で付け替えられています。その後、珲春以降の延伸が続きましたが、1945年のソ連の突然の侵攻により鉄路は破壊され消滅したようです。わずか10年で消えた不運の鉄路です

▲ 前回ご紹介した1996年版の鉄路地図では、ご覧の通り図们から東には鉄路はありませんでしたが、発行された年の1996年には、図们~珲春(73キロ)が開業しました。以降、貨物輸送にのみに使用されています。

最新の地図では、ロシアとの国境を超えてゲージは違いますが、結ばれたようです。

Zhan Qian Xi Da Jie, Hun Chun Shi, Yanbian, Jilin, 中華人民共和国
▲ 9:30、図们江沿いの国道302号線を走り、ロシアの侵攻により消滅したという断橋に到着しました。道路を横切るように線路跡は残っていました。
土手に上がりますと、鉄道橋と道路橋の2つの橋がありましたが、鉄道橋は橋脚を残すだけ、道路橋は北朝鮮寄りのわずか20mほどが壊されて断橋となっていました。
鉄道橋の橋脚ですが、かなりしっかりとして幅広く見えます。この鉄路についての文献はあまり残っていないそうです。何のために建設され、いつ消滅したのかは、なぞのようです。


▲ こちらは、道路橋の袂です。使われなくなった橋の上は、とうもろこしの干し場兼倉庫になっていました。
他の橋と違って、監視員の見回りもなく、監視カメラも設置されていません。河の流れが速いので脱北者が渡って来ないと思われているのでしょうね。

断橋部分です。きれいに橋はなくなっています。対岸には北朝鮮兵士の姿が見えましたが、我々を見ても完全無視です。ここでは、緊張感は感じられませんでした。

約1時間半をあれやこれやで撮りました。珲春駅も見てみたいので、向かいましたが、運転手さんはこの辺りはよく分かりません。道行く人に聞いても乗車しない駅など誰も知っていません。
交差点で交通整理をしている公安も知ってか知らずか説明できません。

Zhan Qian Xi Da Jie, Hun Chun Shi, Yanbian, Jilin, 中華人民共和国
最後は、地元のTaxiでした。しかし、金20元(約270円)の案内料を要求されます。TaxiがTaxiを先導して珲春駅に向かいました。
▲ 11:36、珲春駅に到着しましたが、殺風景な構内です。満洲里のような雄大さはなく、こじんまりしてセキがいるだけで、貿易活発な様子はありませんでした。
唯一、屋根無しホームがありましたので見てみましたら、このレール幅だけ広く違っています。1,525mmのロシアゲージでした。以前は、ここにロシアからの列車が発着していたのですね、多分・・・。
しかし、東満洲鉄道当時の面影は何処にもありません。ひょっとしたら、かつての客扱いをしていた珲春駅は、こことは違った場所にあったのかも・・・。

11:45、早々に图们に戻ることにしました。10分ほど走った高架橋の下を見ていましたら、蒸気機関車らしき姿が見えました。直ぐに止まってもらって確認しますと、車庫らしき留置線に2両がいました。
▲ 外観から見ると建設型に間違いありません。車番は、前が8244号機と読取れましたが、後方機は分かりませんでした。小竹先生は、以前に蒸気機関車が走っていたのを聞いた事があったがこれだったとは・・、とうなずいておられました。状態からして、数年前までは動いていたと思われます。

▲ 13:36、図们に戻りましたが、予定していた山の上の公園は閉鎖されていたので諦めて、鉄道橋近くで国境の橋を撮りました。近くの踏切で中朝間の往来を聞きますと、1週間に1~3回はあるそうで、上手くいけば撮れるそうです。今回はダメでしたが、その内撮れるかも・・・。

今日も早めに部屋に入り、ゆっくりとしました。先生は昨日に続いて本の校正にヤッキでした。
明日は、长春に到着後、工事のために運休中の路面電車の状況を見に参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください