謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もクローバー会へのご協力をお願いいたします。
昨年、京都市から頂いていた、京都鉄道博物館に関しての資料を掲示いたしますので、各位でご検討下さい。

まず、位置は現在の梅小路機関区扇状庫の西側へ三階建の本館を建てます。その中に引き込み線を入れて、展示車両を随時入れ替えます。また、蒸気機関車検修施設を併設して、動態車両を増やします。その他、旧京都駅のプラットホームを再現します。
梅小路整備計画_NEW梅小路施設概要_NEW梅小路営業予測_NEW

弁天町の交通博物館にある車両は、当初一部だけ京都へ移動して、他は廃棄するという計画だったが、最終的には全車両残すことになったらしい。当然であります。東京にもない、京都ならではの鉄道博物館を期待しましょう!

コンプライアンスにウルサイ方が居るようなので、発表を遅らせましたことをご了承下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください