窓から写した駅・列車 -10-

乗車列車を写す

車窓からの撮影は、駅風景や交換列車だけではない。乗車した列車の撮影もある。列車がカーブに差し掛かると、窓から身を乗り出して写す。編成全体が入るよう、編成の後部車両に陣取り、蒸機の場合は上り勾配も条件となる。

窓から撮った乗車列車で忘れられない写真がある。鉄道ピクトリアルの第8回写真コンクール特選の「朝を走る」という写真だ。朝の東北本線陸奥市川付近、朝陽を車体いっぱいに浴びて走り続ける急行「十和田」を車窓から写したもの。ただ、その撮られた撮影位置からすると、相当に身を乗り出さないことには撮れない、危険極まりない撮り方だ。あるいは、カメラを三脚に固定して窓から差し出したのか、それとも、地上から列車に接するようにして撮影したのか…。撮影方法は謎だったが、冬の朝の冷気までもが伝わる、印象的な写真だった。そんな窓から写した乗車列車の数々。sy国鉄時代 1121レ sy(7)▲大畑ループを上る1121列車。1121列車とは、門司港発、鹿児島本線、肥薩線、吉都線経由で都城へ向かう普通夜行列車で、九州の撮影旅行には必須の列車だった。当時は、八代以南が蒸機牽引で、独特の夜行鈍行の雰囲気をよく持っていて、まさに撮るによし、乗るによしの列車だった。なかでも、肥薩線人吉~吉松間のヤマ線区間でちょうど朝を迎える。最高の煙、最高の光線(この写真は曇りだが)で、ループ線を越えて行く。昨今はこの付近、草木が成長し、見通しが利かなくなったと言う(昭和44年)。

sy140710 (5)▲いっぽう北海道の例として、常紋に向かう523列車を、乗車したオハフ6060から写した。この時は、現地闘争(DRFCメンバーが各地に出没して集団で撮影を行なうことを、当時の大学闘争用語にならって、そう呼んだ)の一環で、札幌から10人ほどのDRFCメンバーが急行「大雪6号」に乗り込み、4時9分、遠軽で下車、D516の牽く523列車に乗り換え、常紋に向かっていた。生田原からは前に49651が前補機として連結された。この時代、まだ混合列車は残っていたが、客車が1両だったり、貨車がワフ1両だったりしたが、この列車は貨車11両、客車4両、重連牽引と、いかにも混合列車らしい、本格的な編成だった(昭和44年)

sy40710 (18)▲最後は、地元、山陰本線京都~丹波口間から。京都駅発、C57旅客列車の最終日、梅小路貨物駅の横の築堤を行く列車、いまは公園化されて、すっかり様相が変わってしまった。当時は築堤だったから、自由に線路沿いまで行けた。この日、夕方3本の列車が京都発の最後のC57となった。2本目のこの列車で二条へ行き、3本目の最終C57をDRFCメンバーの“バンザイ”で見送った。翌朝、その返しとなる3本の列車が、山陰本線京都口における定期列車のホントに最後の蒸機牽引となった(昭和46年4月)。

2 thoughts on “ 窓から写した駅・列車 -10-

  1. 「現地闘争」というのが時代を感じられて苦笑しました。1980年代軟弱学生は、海やリゾートで軟派することを「現地調達」と言ったことと対比させます。SLのテンダーに「団結勝利」など白ペンキで書かれていた写真の方が、今は見たい気がしますね。当時の撮影者は嫌がっていましたが。

  2. KH生さま
    コメント、ありがとうございます。“現地闘争”と“現地調達”ですか、まさに1960年代末期と1980年代の大学生に置かれた社会環境を象徴していますね。“桃軍派”や“写学同SL派”など、大学闘争用語をおちょくって、DRFCでしか通用しない新語を作り出していました。

K.H.生 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください