早春の中国一人旅 Part3 武漢から成都へ

第3・4日目 2010年3月4・5日
① 武昌17:55-(T246)→11:29成都  今回1回目の車中泊 17時間34分 

今日は、夕刻の乗車で、ゆっくりです。ホテル正面には、有名な湖北省博物館があります。普段は、観光見物するより、駅でブラブラしますが、せっかくですので、見に行きました。

長江文明の石器時代からの遺跡発掘品の数々が、時代別に展示してありました。大きな立派な博物館ですが、日本と違って無料です。そして、中身がすごい! 日本では、これだけの物は、見られません。堪能しました。

教養も身に付けましたので、ホテル近くのC級グルメ屋で、昼飯を済ませてから、夕方乗車する武昌駅に向かいました。

芭石鉄道訪問後の予定も立てました。成都→西安→鄭州→広州の3列車ルートで、希望列車を第1候補から柔軟にあげて、窓口で空席を聞く事にしました。ホテル手配は、それからです。


武昌駅は、前々回の訪中時に視察済みです。その時とは違って、駅前広場と切符売場は、大混雑でした。公安(警察)に加えて、防弾チョッキを身に付けた軍人まで巡回している、厳戒態勢です。

この駅には、他の乗車駅からの切符を売る専用窓口がありますが、長蛇の列です。こりゃ、1時間はかかるなと、トイレに行ってから、時刻表を見ながら、ゆっくり並び待つ事にしました。二人であれば、トイレの心配もなく、ビールを飲みながら、待てるのですが、このへんが、一人旅の辛さです。

並んでいると、胡散臭い連中が、この切符を買わないかと、堂々と聞いてきます。確か、10日までに乗車する在来線切符は、中国鉄路初めての名前入り(実際は、身分証番号かパスポート番号)ですので、買っても使えない場合があると思いますが、関係なく売っています。

切符は、思ったより早く30分で、順番がきました。前に並んでいた多くの人は、満席と言われて、脱落していったのが原因です。

私の希望した切符は、すべて第1候補で買えました。これも、インターネットで残席状況をチェックできて、買える確率の高い列車を選択できたおかげです。今まで、結構苦労していましたので、これで、かなり楽になりました。

切符が確保できたので、安心してビールを飲みながら、待つ事にしましたが、待合室も大混雑です。



乗車するT246の改札の開始は、通常30分前ですが、春運のこの日は1時間前に始まりました。1番ホーム発ですので、階段はなく、移動は楽です。乗車する車両は、編成の真ん中ですので、直ぐに乗れましたが、硬座(普通車)は大変です。有座(座席指定)客が乗車した後、無座(立席)客が、ずらりと列車ドア前に並んでいます。

今日は、学生が多いのか、窓から入る人はいなく、むしろ整然と並んでいます。礼儀が出来ていない今の中国ですが、さすが教養の高い人や、若い人となると、違ってきます。時折、席を譲ってくれたり、荷物を持ってくれたりもします。生活の格差ばかりを話題にされますが、教養の格差も大きいのです。

今日のコンパートメント客室は、孫連れのおばあさんが、下段。上段は、40歳代の男性でした。車両は、25K型で、電源コンセントが客室内についていましたので、通電しているかを乗務員に聞きましたが、『没有=ない』との返事です。1月に乗車した、北京西站~成都間のT7&8共、通電していませんでした。

パソコンで映画も見れるので、車窓の見えない夜間は重宝していたので、残念です。どうも、殆どの乗客が携帯電話の充電をするので、何かトラブルがあったので、通電を止めたのではないかと、推測します。

列車は、定刻よりに10分遅れの発車でした。いつものように、食堂車に行き、今日のお薦めの魚料理とビールを注文しましたら、発車前にホームで話していた列車長から、野菜炒めの差し入れがありました。感謝、感謝です。

食事が終ってから、昨夜切符購入後に予約しておいた、成都の有名なバックハイカー向けのシムズホステルに確認の電話を入れますと、駅からタクシーでのお迎えをしますと言われてびっくりです。いつも、駅からホテルまで行くのに、一番苦労をしているので、助かります。

客室に戻ると、皆さん既に寝ておられましたので、こちらも早々に寝ころび、直ぐの熟睡でした。

朝の車窓を見ると、武广高鐡線にも増しての、一面の菜の花畑の中を走行しています。これでもかと、続き、今回の中国鉄路乗車中、1番綺麗でした。ただ、太陽は見えません。四川省で、太陽が見えて青空が広がる事は稀(マレ)です。

成都駅には、珍しく定刻ぴったりに到着しました。ここでも列車待ちの乗客で、駅前広場は大混雑です。武昌駅と同様にテント村も設置されていて、進むにも大変です。

出口には、シムズホステルの小姐が迎えに来てくれていました。一緒にタクシー乗り場の並んで待つと、乗車後は、次のお客さんを待ちますと言って、タクシーに行先を告げてくれました。タクシー代の15元は、宿泊代の180元から引いてくれました。

このホステルには、たくさんの若い欧米人が宿泊していました。さすが、ここに泊るのを目的に来る人がいると言わしめるだけのキャパがあります。YHですので、ドミトリーの部屋が多いですが、私が泊まったような大きなベットの、広い個室もあります。皆様方も、若い頃に戻って、こんなホステルに泊ってみられては、いかがでしょうか。芭石鉄道へ行くには、丁度良いロケーションにあります。

部屋から、インターネットがつながらなかったので、日本人スタッフを呼んで調べてもらいましたら、途中で断線していたようです。工事が終わるまで、芭石鉄道へのバスターミナルへの行き方や、どうしてこんなところで働いているのかを聞きましたら、大連に留学後、英語の勉強も兼ねて来てみたという富山出身の男性でしたので、富山地鉄の事やらで、話が弾みました。

夜は、早めに近くのC級グルメ屋で、汗を拭きながら、四川料理を楽しみました。
温度ですが、広州では、30度の夏。ここでは、日本の京都と同様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください