2010年 早春の中国一人旅 Part1 武广高鐡線へ

第1日目 2010年3月2日

①長岡京6:40(JR快速)→大阪・梅田(地下鉄)→なんば7:30(ラピート)→8:11関空
②関空
9:55(JAL)→13:35広州空港
③広州空港(Taxi)→14:35広州北駅16:12(武广高鐡)→16:35広州南駅

冬季オリンピックも終盤になり、ロミオ君のお送りも済みますと、そろそろ『旅へ行きたろう虫』が、騒ぎ出します。2月中に有効な、北京行きの無料航空券があったのですが、日頃の行いが悪いのか、当日朝まで待っても席が取れずあえなく、くず箱行きとなりました。
JAL便が満席で、当日もキャンセルがないなんて、こんな事は、初めてです。これが、始終続いていたら、破綻もなかったでしょうが・・・。

今年の春節は、2月14日でした。どうやら、春節休暇で帰国した駐在員や家族、訪日中国人団体客の帰国ラッシュと、ぶつかってしまったようです。
めげずに、直ぐに新たなマイレージ航空券を手配して、出発できる日を待ちました。3月2日のキャンセル待ちは、直ぐにOKの電話連絡がきました。
目指すは、芭石鉄道の撮影リベンジと、春節に向けて立て続けに開業した、中国版新幹線の武广高鐡鄭西高速鉄道の初乗車です。このため、着陸地は、最も近い広州としました。

問題は、その後の行程です。春節に伴う『春運』は、3月10日まで続いています。果して、列車切符が取れるのか、問題があります。
しかし、今年1月から、中国鉄路に『中国鉄路客戸服務中心』なる、サイトが出現しました。これには、希望する駅間の列車ダイヤ、料金、残席等の最も渇望していた情報を見る事ができます。時刻表には、掲載されていない春運臨時列車ダイヤもあります。http://www.12306.cn/mormhweb/
中国鉄路を乗車する上で、これは、すぐれものです。中国語が出来ない方の為に、日本語サイトも用意されています。
http://www.chinaviki.com/service/china-train/

中国鉄路では、日本のように、列車切符インターネット予約は、ありませんので、現地で購入するしかありません。しかし、残席情報がランダムにあれば、前もって、購入できるかどうかのおおよその見当は、つきます。情報の信憑性ですが、期待しても、する方がおかしいのが中国ですので、一応の目安としました。

他に購入方法は、旅行代理店経由がありますが、取れても、この時期は、法外な手数料を要求されます。
ただ、今回は、お気楽な一人旅です。いつものように、状況に応じて動くように楽観的に考える事にしました。まずは、行ってみましょう。問題が起これば、解決策は何かあると当日の広州、2日目の武漢のホテルだけは、予約を入れました。

往路のJAL広州線は、やはり、いつもと違って、ほぼ満席でした。
広州空港到着後の最初の行動は、広州から武漢までを乗車する、武广高鐡の切符の購入です。市内に行けば、広州駅等々で購入できますが、やはり武广高鐡の駅で買ってみたいと思い、空港から武广高鐡へ最も近い駅『広州北駅』へのバスを探しますが、ありません。

旅客案内のタスキをした女性に聞きますと、近くまでは行く路線があると教えてくれましたので、その乗り場に行きましたが、待っても、待ってもバスは来ません。
時刻表すらありませんので、これは無理と諦め、タクシーにしましたが、最初に『How much』と、聞いてきました。勿論、無視です。メーターを倒せと言って乗り込みましたが、怒ったのか広い道路を無茶苦茶に飛ばします。

約30kmはあったでしょう、広州北駅の案内標識がある道路に着きましたが、運転手は来るのが、初めてだったんでしょう。肝心の場所が分かりません。結局、行き過ぎました。普通だったら、値切ってやるところですが、30km走って、65元(約900円)では、安すぎます。お礼を言って、降りました。

着いた『広州北駅』は、今まであったローカル駅をリニューアルした駅でした。閑散としたものです。しかし、切符売場の窓口は、たくさんあるのですが、1つしか開いていません。長蛇の列となりましたが、見える場所にいる職員は、混雑対応をしようとはしません。
▲ 約30分並んで買った乗車券。在来線と比べて、約4倍以上で、高すぎると不評です。

他にもブラブラしている駅員も多数います。最高速度350km/hで走る、超近代的な高速鉄道ができても、残念ながら、職員の意識革命が、末端まで出来ないのが、中国鉄路の実態です。

以前、掲載しました列車時刻とは、全く違っています。期待した、ノンストップは、消えていました。
また、時刻表ですが、12月26日の開通時に発表なった時刻表とは、既に違っています。毎日と言っても過言ではないほど、まともに走行していません。

開業を急ぎすぎたために起こる、初期故障を片付けずに起こったトラブルの他、禁煙厳守の列車内で喫煙が行われたために、煙感知器が作動して、急停車。その後運行できなくなった。故障停車中に、我慢できなくなった乗客が、窓ガラスを打ち壊して下車したりと、信じられないマナー違反も続出です。

折角ここまで来ましたので、明日乗車する予定の『広州南駅』まで、一区間を乗車する事にしました。南駅まで行けば、明日のホテルからのルートも分かります。

『はやて』のCRH2Cに乗車したかったのですが、来たのは、シーメンスのCRH3でした。
乗車時間20分ですが、それでも最高速度313km/h。これは、明日が期待できます。

北駅から、高速道路に沿って、町外れを走行します。着いた駅は、田んぼのど真ん中の感じです。そして、未完成で工事中ですが、島式ホーム13本、片面ホーム2本、並行に28線が発着できる、とんでもない巨大な駅です。さすが中国です。


列車が到着すると、直ぐに車体の汚れを取っています。約1000キロの走行ですが、半端な汚れ方ではありません。

上海南駅、北京南駅
も大きかったですが、はるかに上回ります。それと、両駅は、地鉄も走り、周囲に建物がある中にありましたが、ここは何もありません。荒野に突然生まれた駅です。


広州南駅から市内へのアクセス表示板です。道もまだ工事中ですので、市内までたっぷり1時間は、かかりました。
将来、地鉄が建設されて、市内までつながる予定ですが、このロケーションを見ると、市内の中心が駅との思い込みは捨てて、空港に近い感覚を持たなければなりません。地鉄駅まで行くバス路線がありましたので、これを選んでホテルに向かいました。 Part2 へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください