「東北展」開催中

佐竹保雄さんの写真展「東北を旅して その9」が、きょう4日(土)から、ひと・まち交流館京都で開かれています。さっそくクローバー会会員もアサイチから来場、午後からは、福島からの避難者の声を聞く会もあって、初日から賑わいを見せています。

昨日の準備作業も、呼び掛けに応じていただいた会員3名が馳せ参じ、写真の貼り付け作業に精を出しました。一時は準備不足の心配もありましたが、一同の結束した作業のお陰で、予定時間内に完了しました。快く応じていただいた皆さまに御礼申し上げます。私のほうは、貼付物の忘れものがあって顔が青ざめましたが、今日午前に届けて事なきを得ました黙々と作業に取り掛かる会員たち。

注目は、やはり佐竹さんの東北の写真でしょう。私など蒸機に目覚めて東北をさまよった時期に比べて、15年以上も前から、黙々と東北各地で撮られてきた質量は、圧巻そのものです。また蒸機だけでなく、当時のほかの鉄道車両もきっちり記録されている点、敬服の限りです。今般、不通となっている山田線の復興支援のため、写真コンクールが催されて、佐竹さんも応募され、その一端が紹介されています。なお、先の報告で「煙室延長のC51などの珍車・奇車をご覧に入れます」と書きましたが、あまりの写真量の中で、ついに見つけ出すことができなくなり、来年のお楽しみになりました。ご了解ください。

不詳、いや不肖、特派員の「復興途上の常磐線を行く」も、来場いただいた皆さんと会話する機会ともなり、皆さんとの交流の一助となったこと、たいへん嬉しく思っています。

展示の1枚から。佐竹さんはいつも「どんな車両でもカッコ良く撮ってあげたい」と言っておられる。このキハ81「はつかり」もまさにそうだと感じる一枚。やや俯瞰気味に撮られたブルドック顔は、なかなかの男前ではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください