凍える大地への旅 2016年 Part15 札幌市電を撮る その5 車庫前~すすきの

第10日目 12月18日 その2

早朝のササラ電車を撮りたいとの気持ちはあったのですが眼が覚めたのは5時でした。ササラ電車は始発電車が走り出す前にレールの間に詰まった圧雪を弾き飛ばすのが仕事です。始発電車が走ってからでは遅いのですが、外に出ないわけには行きません。滑る氷雪路のために用意しておいた滑り止めを靴に蒔いて出動しました。▲ 5:50 西4丁目から狸小路へと

▲ 6:15 昨夜撮影を打ち切った車庫へと参りましたが期待していたM101号車が動き出す気配はありません。

▲ 6:19 東の空が明るくなってきました。車庫前の交差点で曲がろうとする212号車です。

▲ 6:27 「中央図書館前」から電車車庫へと向かう8501号車です。

▲ 6:38 朝日が当たりだしましたもいわ山をバックに走ってきます

▲ 6:46 「中央図書館前」の車庫方向には出庫した電車が走行する方向を替えるようん渡り線が設置されています。その向こうには子供をそりに乗せて横断しているおじさんがおられました。直ぐに車が来ていますので、これは危険な行為です。

▲ 6:56 朝から出動の低床車はA1202編成です。車内をご紹介させていただきます。車幅が2300mmしかないので狭い感じがするのは仕方ありませんが低床車だけあって高さがカバーしてくれます。1+2のシート配置が欲しいところです。

▲  帰りも乗車してススキノに向かいます▲  白い圧雪路が続く市電通りです。この後年末にも大雪があったそうでササラ電車が大活躍したそうです。ホテルへ荷物を取りに行ってから札幌駅へと向いました。  Part16へ続く

1 thought on “凍える大地への旅 2016年 Part15 札幌市電を撮る その5 車庫前~すすきの

  1. ぶんしゅう様

    貴殿の6月6日付け記事内の8日付けコメント欄で、路面DCの写真アップのお話を頂きましたが、その手立てについて考えている内に時間のみが経ってしまいました。

    小生はあくまでも部外者ですので、DRFCの会員登録などおこがましく、また入会は不可と心得ております。

    従って他の方法で写真をお見せしようと、いつも我が儘を聞いて頂いているDRFC会員の方にPCメールで流し、貴殿への転送を依頼しました。
    しかし、うまく行かないままだった所、11日付けで準特急さんが詳細なレポート+写真を発表されているのを知りました。

    折角お声をかけていただいたのに、お役に立てず申し訳ありませんでした。

    また、9日付けの貴殿の記事では運行系統図も添付頂き、7系統だった事が再確認出来ました。

    今後共よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください