コメントにかえて、まだあったC575の写真

 米手作市さんのコメントでC575を先頭に重連のイベント列車ですが、この列車の写真が東海道線の高槻で撮ったものがありました。しかし、重連ではありません。

よく見ると東海道線塚本ー尼崎間で撮った重連列車とヘッドマークが違うようです。

どちらも「蒸機の旅」ということがわかりました。これでネットで調べると大阪鉄道管理局が主催した「蒸機の旅 1970」ということがわかりました。大阪から丹後山田まで1970年の10月~11月に運行した団体列車と書かれてました。しかし、わからないのが重連の列車は尼崎に向かっていて、高槻で撮った列車は京都に向かっています。どのような運行をした列車なのかわかりません。1970年10月以降の鉄道ファンやその他の雑誌には記事が載っているかもせれません。とにかく、今の時点ではこれぐらいしかわかりませんでした。どなたか知っている方はおられませんか。高槻の写真には高槻電車区が写っていて、そこにはサロ110-900番台がありました。

さて、「最初の写真は嵯峨野付近ですか?」の質問ですがその通りです。このネガの最初は気動車急行の写真で

写真を撮った場所は同じですのでC575はトンネルに向かって行っていったのではないかと思います。そうすると今の「トロッコ嵐山駅」辺りではないかと思います。47年前は嵯峨野辺りの山陰線はこんな感じだったのです。

4 thoughts on “コメントにかえて、まだあったC575の写真

    • 「蒸機の旅」わかりました。高槻電車区のところで撮った「蒸機の旅 1970」は所有している鉄道ファン1970年1月号133ページに記事がありました。10月14日の第98回鉄道記念日に企画されたそうです。大阪ー京都間を蒸機が走るのは14年ぶりと書かれています。C575は大阪ー京都間の牽引で京都からは福知山機関区のC57152に交代して綾部まで、ここから西舞鶴へはD51で、西舞鶴から9600牽引で丹後山田まで運行したということです。加悦鉄道の乗車をしてから同じコースで大阪に帰ってくるという企画です。客車の編成はすごい編成で京都側からオハフ33462(大ヒメ)+オハ351308(大ヒメ)+オシ172022(大ムコ)+スハネ302127(大シハ)+マロネ4019(大ミハ)+スロフ512039(大ムコ)+オハフ331010(米ヨナ)で走ったそうです。当日の京都新聞にも記事があったそうです。食堂車は大阪から営業したそうです。大阪からの料金は運賃(加悦鉄道の運賃含む)、昼食代込で大人1名1900円 だったそうです。今から考えるとビックリするような金額ですが、47年前ですのでそんなもんでしょう。これは経済成長がなせることなのでしょう。さて、重連の方はネット上で写真を撮っておられる方がおられることがわかりました。こちらは1971年6月のことで、この時は既にC575は引退していました。大津の86さんのコメントでC575の経歴からもわかります。ヘッドマークにお城の絵が描かれています。これは「蒸機の旅 白鷺号」で京都ー姫路間を走ったようです。C57のもう一台はC5739だったとネット上で記録されています。「蒸機の旅」についてわかったことはこのような内容です。
       しかし、嵐山周辺の変わりようは米手作市さんの言われるようにビックリします。地図でも場所がわかりにくく、トンネルが決め手でした。

  1. 1970年の「蒸機の旅」は、何回か運転され、私もよく撮影に行きましたよ。大阪~丹後山田で、お書きのように牽引機は4回も代わり、3ヵ所で方向が変わるという、今では考えられないようなルートでした。C575は、毎回、大阪~京都を牽引、当時から、形式入りナンバーや若番で、梅区C57ではダントツの人気でした。客車も垂涎ものの編成です。また特筆すべきは、丹後山田からは、加悦鉄道のマッチ箱客車に乗り換え、加悦機関区を見学したことで、もう客車列車のなくなっていた加悦で、明治生まれの木造二軸客車に乗れたのも貴重なシーンでした。同年の11月3日、覚えていますか? この日は、北丹鉄道でDRFC貸切列車が走った日でした。T君の尽力で、北丹史上、最初で最後の貸切列車と言われた、貴重な経験ができました。その日も、「蒸機の旅」は運転され、北丹からの帰りに京都駅で夜間撮影したのも思い出です。

    • 北丹鉄道、面白かったですね。どこが線路かわからない草ぼうぼうの河川敷を走ったり、ホースTさんが北丹鉄道と競争したりして本当に楽しかったです。写真はしっかり残っています。若かりし頃の総本家青信号特派員も写っています。この貸切列車は勝手に「北丹ツーリスト?」の企画だったと思います。そうです、社長はホースTさんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください