2019年 凍てつく大地への旅 Part12 大連市電を撮る、帰国

第7日目 1月16日

ほぼ2年ぶりの訪中でしたがわずか7日間で帰国です。いつもはノービザギリギリの15日間滞在が最低でしたのでちょっと頼りない気がします。次回は過ごしやすい5月ごろにゆっくり乗り鉄旅を楽しみたいなあと思いました。

6:00 車の少ない夜明け前に街に出て市電撮影としましたが昨日と違って中々電車は来ません。
▲ 6:40 昨日と違って寒風はなくマイナス10℃ぐらいしかありませんが待っていますと身体が冷えてきましたので街角食堂に入って朝食です。
続きを読む

2019年 凍てつく大地への旅 Part11 大連メトロに乗る

第6日目 1月15日 その2

▲ 大連のメトロ路線図です。ピンク色の③号線は以前開業した時に乗り鉄しましたが緑色の①号線、青色の②号線、藍色の⑫号線は初めてです。
前回訪問は2015年1月9日でしたので③号線以外は未開業でした。中国入国後はタブレットでのネット情報を得ることが出来ず大連メトロの現状は分っていませんでしたので興工街の交差点を曲がってメトロの入り口が見えた時は正直びっくりしました。

続きを読む

2019年 凍てつく大地への旅 Part10 大連市電に乗る、撮る

第6日目 1月15日 その1

▲ 8:13 ようやく朝日が差し込みだしましたので大連駅前から行動開始です。

◀ 電停に掲示されています201系統が走る路線駅名案内です。前回来た時と変わりはありません。
続きを読む

2014~2015年 凍える大地への旅 Part19 大連路面電車(トラム)、帰国

DSC_2263_135200m級の高層ビルがあちこちで建築中の大連を走る路面電車、満州国建国時には想像だに出来なかった発展の中を走ります。当時に製造された路面電車と最新のLRTが同じ路線を走っているのを見るのは路面電車ファンとして引きつけられます。いつまでも続いて欲しいと思いながらの訪問です。

続きを読む

2013年 春の中国鉄路の旅 Part23 北満一人旅 その6 普蘭店駅、大連の路面電車

第23日目 5月23日
① 普蘭店10:15(2728次)→11:23大連
② 大連火車站(路面電車)13:54→14:15興工街

今日は復州湾塩場ナローを撮る予定でした。しかし是非に撮りたかった路線が運休となっていましたので、2日早くに大連に向かい路面電車撮影に切り替えました。

地図路線名・駅名_1
01_切符1
列車は普蘭店に来た時に乗車した2728次が時間的にも良かったので選択しました。
大連までの所要時間は約1時間です。
02_普蘭店時刻変更

昨日切符を買いましたが、切符売り場内には5月15日時刻改正についての公示が張り出してありました。
中国鉄路ではこんな風に公示されますが、見てみますと公示は5月9日と約1週間前です。日本では考えられませんね。

哈大旅客高速鉄道についても冬期最高速度200km/hから夏季300km/hへとスピードアップしたようで、5月25日からは増発もされていました。
01_哈大高速鉄道ダイヤ1▲ 哈大旅客高速鉄道(大連~哈尔滨西)の時刻表です。日本の新幹線駅では当たり前に掲示してありますが、中国鉄路で一覧になった時刻表を見るのは初めてでした。
※ 詳しくご覧になりたい方は、上の時刻表を一旦デスクトップにドラッグ&ドロップしてから開けて見てください。詳細が分かります。

また、大連北站へのアクセスが悪いので大連発着があればと思っていましたら、1/3は大連発着になっていました。これは便利になりました。そして新たに北京~大連の動車が設定されています。時刻表には載っておませんが、これ以外にも北京・天津~瀋陽・長春・哈尔滨西の動車があります。

続きを読む

2012年冬から春への中国鉄路一人旅 Part25  大連市電(大连軌道交通)

第31日目 3月20日
大連駅前(路面電車)~ 华乐广场

今日で1ヶ月を経過しました。北の黒竜江省の黒河や鸡西から雲南省の昆明までの、南北5,000キロを横断往復して戻ってきました。マイナス7℃から30℃と温度差37℃を2度も体験しましたので、還暦を過ぎた身体には応えないわけがありません。これからウィグル自治区へ向かいますので、身体を慣らすための大連入りです。部屋でアップロードに努めて、あまり動かずお散歩程度にしようと思っておりましたが、鉄ちゃん魂はじっとしていられません。

▲ 昨日、大連駅前電停には市電の姿がありませんでした。それもそのはず、電停には何らかの原因で故障が発生したので昨日(19日)と今日(20日)は、兴工街~大連駅前の間は運休してバス代行にします。华乐广场方面へは、100m東に臨時の乗降所がありますのでご利用くださいと掲示してありました。



▲ 確かにホームなしの電停がありました。折り返し運転をしています。日車製の路面電車は、綺麗に塗装され、車内も復元されてとても綺麗に使用されていました。



▲ 見たら乗らないわけにはいきません。 旧型車に乗って、华乐广场まで往復乗車をしました。大連市内中心部は道路の拡幅が進まず、車が渋滞して邪魔する中をゆっくりと走りますが、本数が多いので利用者は結構います。

201路は、実際のレールは海之韵公园まで敷設されています。前回も終点まで乗車しましたが、今回は公式HPでもなぜか华乐广场までの運行になっています。

▲ 今回はパスしましたが、以前に乗った202路も走っています。 また来る機会がありますので乗車してみます。

第32日目 3月21日
大連10:22(K7373次)→16:10瀋陽


今日は、明日からのドイツからの中国鉄路蒸気機関車撮影ツアーに合流のため、O氏が日本より来られます。瀋陽で宿泊するホテルで待ち合わせています。
私の中国一人旅も今日で終ります。国内では周遊券の通用期間の壁がありました。海外は、滞在ビザ期間の壁があります。学生時代を含めても、これ程長い一人旅は初めての経験でした。若いうちにやっておけば、楽だったでしょうが、正直言ってかなり疲れました。少なくとも1週間に一日は、何もしない休息日をあけておいたほうが良かったと反省点もありました。


▲ 当初は、大連発、終着駅は瀋陽行きの列車にしようと思っていましたが、 切符インターネット予約を頼んだ鄭州鉄道日記さんは、それでは面白くないと、大連始発ながら、瀋陽、撫順を圣由して、北朝鮮国境の 图们 まで1,244キロを走るK7373次を取ってくれました。私が乗るのは、397キロと全行程の3分の1で、昼間運行中です。編成される車両は、1991年から製造された古い25Bの前期型です。空調は後から付けられた車両で自家発電装置を持っています。
もう一つの特徴は、出入り口デッキ上部の行先と編成番号等の電光表示です。

▲ 夕食時は降りているので、昼間に食堂車へ行ってみました。但し、注文できるのは1種類のランチだけです。美味しいとは言えない味でした。

瀋陽到着後は、地下鉄で中街にあるホテルに向かいました。O氏は既に到着されていまして、ロビーでお会いできました。メールでは連絡を取りあっていましたが、対面は昨年12月13日に鄭州駅で分かれて以来です。瀋陽の美味しい餃子を食べ、ビールを飲みながら、中国鉄路について語らいました。