2019年 凍てつく大地への旅 Part12 大連市電を撮る、帰国

第7日目 1月16日

ほぼ2年ぶりの訪中でしたがわずか7日間で帰国です。いつもはノービザギリギリの15日間滞在が最低でしたのでちょっと頼りない気がします。次回は過ごしやすい5月ごろにゆっくり乗り鉄旅を楽しみたいなあと思いました。

6:00 車の少ない夜明け前に街に出て市電撮影としましたが昨日と違って中々電車は来ません。
▲ 6:40 昨日と違って寒風はなくマイナス10℃ぐらいしかありませんが待っていますと身体が冷えてきましたので街角食堂に入って朝食です。

▲ 6:43 今日は豚まんと豆乳です。ガッチリいただきました。これで6元(97円)です。

▲ 7:06 朝食をとっている10数分で夜が明けていました。丁度7-2275号車が大連站方向からやって来ました。

▲ 7:12 逆の勝利橋からも 7-2267号車が来ました。

▲ 7:23 来る時は直ぐ来ます。7-2277号車です。

▲ 7:24 今度は大連站方向からの7-2280号車です。これに乗って移動です。

▲ 7:27 民主广場では 7-2268号車とすれ違いです。

▲ 7:50 昨日探した寺児溝の青空市場ですが見つけられずでした。今日はもう一度アタックして見つけました。数10軒は並ぶ大連では最も大きな市場です。今日は訪中最終日ですので買って持ち帰りたいものがあります。干しホタテの貝柱、松の実等の中華料理具材です。いずれも日本で買うよりも1/5~1/10の安さですのでいつも買っています。タップリと買い求めました。

▲ 8:19 市場探索を終えた後はそろそろ引き上げです。搭乗機は11:00発ですのでホテルには9時に戻って空港に向かわなければいけません。7-2281号車が来ましたのでこれに乗車しました。

▲ 8:37 ラッシュ時なのに混んではいません。並行するメトロ②号線が開業していますので急ぐ通勤客はシフトしたのでしょうね。

▲ 8:23 二七广場で7-2267号車とすれ違いです。

▲ 8:38 低床車は5本に1本が運用されているようです。7-3512号車と民主广場近くですれ違いました。

▲ 8:47 予定通り大連駅前に到着です。
ホテルから空港へはメトロ移動を避けてタクシーで向かいました。

▲ 大連 11:00(CA151)⇒14:20 関空

9:40 いつもと違って優先チェックインがないのが辛いところですがスムーズな搭乗手続きでした。
出国審査も北京のような厳しさはなくこちらもスムーズに済みました。

11:00のフライトでしたが10:45にはボーディングビレッジを離れました。積み残した乗客はいなかったのでしょうか。

▲ 11:03には離陸でした。

機内食が提供されたのは11:40、日系と比べるとちょっと遅めです。メニューはご覧のとおりで見た目からして美味しそうにありません。完食はできませんでしたがビールは飲み放題でしたので、これで食事としました。

▲ 14:00 約2時間の短いフライトで無事に関空到着です。20分の早着でスムーズに入国審査も済んで余裕のはるか乗車でした。

② 関空14:44(はるか32号)⇒15:35新大阪15:43(快速)⇒16:09長岡京

重い荷物を引っ張りながら16時30分には無事帰宅でした。帰宅するとJunirからラインが届いていて休日なのでこちらに来るとの事です。どうしてかなと不思議に思っていましたら、出かける前に貸してあった新車のぶんしゅう8号をぶつけたそうで入院中、お詫びの訪問でした。車両保険にも入っています。本人たちにケガがなかったので良しとしましたが今回の旅はトラブルで始まりトラブルで終わりました。自分ではミスはなかったのですが、そうなると外的要因でトラブルに会いますのは運命のようです。明日からは地吹雪の郷「津軽」へ雪飛ばしツアーに出かけます。災難に合わない事を祈るばかりです。 2019年 雪飛ばしツアーへ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください