おじん2人ヨーロパ軽便 その23-9

ウエルシュプールで

THE GREAT LITTLE TRAINS of WALES その2  Welshpool & Llanfair Railway 2

この鉄道は1903年開業、1923年にはGWR(Great Western Railway)のグループになり、1931年旅客取扱を停止、1948年には British Railways の傘下になったものの1956年1956年11月2日最終に廃止。その後有志の手で1963年再開されたものである。運行は8月がフル、6月に7日、7月に5日の非運行日があり、4月は14日、5月12日、10月9日、11月5日のみ運行=1999年現在。現時点の運行日はインターネットのサイトで確認頂きたいが、大体同じようなもの。

現在ではボランティアによるレストアの結果可動車両も増加し、さらに客車を含め仲間入りした車両も増えている。我々が覗いた時点列車は3往復だが、ここでも Special Timetable will operate on BANK HOLIDAYS として、年間6回6往復の日がある。この Bank Holiday はマン島の Groudle Glen Railway でもお目にかかった表現だが、銀行休日というのがいまいち理解できない。ボランティア・スタッフに銀行員がいるから、というのでもなさそうで、どなたかご存知の方、解説してくだされ。

さて列車撮影にかかる。ここも沿線に羊の放牧地が多く、例により厳重な生垣で線路両側が閉ざされて撮影場所選定は厄介である。それでも車を走らせているうちに好適地を何か所か発見。列車速度が遅いので、ある程度追っかけも可能であった。また踏切は無人停留場に隣接するよう設定されており、駅に接近した列車から機関助手が降りて線路を塞いでいた柵を90度回転させ道路を閉鎖。


なお車両基地には8号(Dougal)なる、キャブ屋根・前後妻板のないチッポケな機関車がいる。1946年バークレイ製、グラスゴーの瓦斯会社で1958年まで働いていたが、滅多やたらと背が低いのは、元来極めて狭苦しい環境で就役するための特注車両だったからだが、時には動くこともある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください