中国の新幹線に豪華なCRH380B登場予定!

現在、滬杭高速鉄道を走る次世代の超高速列車CRH380Aが営業列車としては世界最速となる486.1km/hを達成したことは先日ご報告いたしましたが、このほど京滬高速鉄道用CRH380Bが新たに加わると発表がありました。

CRH380Aとの相違点は
①今までのCRHシリーズの動力分散式ではなく、TGV同様の両端が電動車の16両編成。
② 中間車14両は、1等車が3両、2等車10両、食堂車1両の編成。定員は1004人。
③目玉として、3両の1等車の内1両は、「はやぶさ」のグランクラス 以上のハイグレードシート(180度リクライニング・液晶TV付き)を設置。
④CRH380A、380Bとも来年2010年10月1日までに開業予定の上海~北京間京滬高速鉄道に使用予定。

以上が現地報道されている内容ですが、どうして今までの分散式を採用しなかったのか不思議ですね。先頭車はどんなフロントノーズになるのか楽しみです。
全長1,318キロを約4時間で走行する予定ですので、表定速度は300~330km/hにもなります。380km/hの連続走行が必要です。
「はやぶさ」のグランクラスにも驚きましたが、CRH380Bも飛行機のファーストクラス同様となると、是非とも乗車してみたいです。運賃ですが、2等が約600元(約7,500円)になるだろうとの推測が出ています。特等は3倍だと1,800元(約22,500円)ですが、車内サービスも国際線の飛行機並みに豪華車内食あり、アルコール飲み放題を含めての飲料サービスも実施されれば乗車する価値は充分あります。

1 thought on “中国の新幹線に豪華なCRH380B登場予定!

  1. 記事をお読みいただきましてありがとうございます。
    しかし、残念ながら記事内容に誤りがありました。大変申し訳ございません。誤り箇所は下記の通りです。ここに訂正させていただきます。
    ———————————————————————-
    誤;①今までのCRHシリーズの動力分散式ではなく、TGV同様の両端が電動車・・・・
    正;①CRH380Aと同様の動力分散式。名称はCRH380BLです。
    ———————————————————————-
    誤;②中間車14両は、1等車が3両、2等車10両、食堂車1両の編成。
    正;②ファーストクラス1両、1等車4両、2等車10両、食堂車1両の編成。
    ———————————————————————-
    誤;③目玉として、3両の1等車の内1両は・・・・180度・・・・
    正;③目玉として、1両のファーストクラスは・・・・180度近い・・・・
    ———————————————————————-
    誤;④380B・・・・10月1日・・・・
    正;④380BL・・・・・6月中旬・・・・
    ———————————————————————-
    以上ですが、編成は未確定で変更も予想されます。今後はニュースソースの真偽性について十分な確認を行いたいと思っておりますので、ご理解ご了解をいただきますようよろしくお願い申し上げます。
    尚、最新ニュースにつきましては、ぶんしゅう旅日記「2011年冬から春への中国鉄路の旅 Part17」をご覧いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください