癒しの島 台湾鉄道2019年秋の旅 Part 6 礁渓⇒高雄、高雄トラムを撮る

第5日目 11月25日

6:00 起床、部屋の大きなお風呂に贅沢に温泉をたっぷり入れて入浴です。目が覚めました。今日は皆さんとお別れです。昨夕帰途された893-2さんは深夜便で関空に向われました。クモハ73106さん、デカンショ祭り号さん、大津の86さんは台北から帰国されますので北迴線で北上されます。私は一人高雄からピーチで関空に向かいますので今日は高雄泊まり。ゆっくりと礁渓から高雄へ南迴線で向かいます。
切符は昨日崇徳駅で空席を調べてもらいました。時間がなくて購入したのは礁渓に到着後になりましたが大丈夫でした。花蓮で18分間の乗継時間がありますが約7時間半の絶景が続く南迴線乗車の乗り鉄旅です。

① 礁渓 8:01(自強204次)⇒9:29 花蓮 9:47(自強308次)⇒15:33 高雄


▲ 7:00 3人の皆さんと一緒にホテルを出ました。礁渓駅までは徒歩約10分です。皆さんは私とは反対方向北行きの7:27発の區間車に乗車されます。駅までの途中で朝食屋があれば食べようと向かいました。

▲ 7:08 礁渓站手前で小籠包のある朝飯屋が見つかりました。ここで朝食です。お味はまずまず、美味しくいただきました。65TWD(約231円)でした。

▲ 7:25 礁渓站に到着、ここで皆さんとはお別れです。駅前には温泉足湯が設置されています。
▲ 7:34 お別れしてからはまず駅撮りです。
▲ 7:42 台東始発樹林行きの普悠瑪401次が停車せずに通過です。

▲ 7:56 花蓮始発樹林行きの莒光605次が到着、こちらは停車しました。

▲ 8:01 自強204次に乗車して花蓮を目指します。座席は非常出口前ですのでほぼ1座席分の空間があってノビノビ乗車です。

▲ 9:47 花蓮ではビールを仕入れるために一旦駅から出てコンビニで購入。
再びDR3000系の自強308次に乗車、高雄までは5時間46分の飲み鉄旅です。堪能しました。

 

② 高雄車站 15:48(高雄MRT・紅線)⇒美麗島(橘線 )⇒ 16:06 塩埕埔

▲ 15:44 高雄下車後はMRTに乗り換えて塩埕埔へと向かいます。今まで知ってはいましたが中々行く機会のなかった高雄でも最も安くて美味しいと大評判の小籠包屋「永和」へと参ります。

▲ 16:18 駅を降りてすぐという説明をネットで見ましたが分かりにくい場所にあって歩いておられた地元のおばさんにお聞きして連れて行っていただきました。
来てビックリ、軒先下の細長いスペースに4卓のテーブルと椅子がありますが厨房は囲いもなく同じく軒下です。おじいさんがセイロ横のテーブルでせっせと小籠包を作っておられます。メニューは、小籠湯包 60元(約214円)、酸辣湯 25元(約89円)、猪血湯 25元(約89円)と3種類だけ、小籠湯包と酸辣湯 を注文しました。

▲ 礁渓で食べた小籠包より1個多い9個が入っていて値段は5TWD安い! 激安です。
お味ですが皮はちょっと固めでスープは少なめでした。もうちょっとスープがはいっていてプリンプリンしていると良いのですが、この値段で野路裏の雰囲気で食べるお味は中々です。酸辣湯も大変おいしゅうございました。高雄には何回も来ていますのに今までなんでもっと早くに来なかったのかと悔いました。私的には宜蘭、坊寮に並ぶ庶民的な絶品小籠包です。次回もまた来なければいけません。

 塩埕埔 16:58(高雄MRT)⇒17:00 西子湾
▲ 17:08 哈瑪星から再び高雄MRTに乗車して1駅、西子湾で降りて地上に上がると高雄ライトレールの哈瑪星站です。夕方の雰囲気が好きな場所でしたので夕焼けをバックに撮りたいと参りました。

▲ 17:29 もう少し空が赤く染まるかと期待しましたが今日はこんなところです。
今夜の宿は哨船頭公園に隣接したWaterMarkHotetです。GoogleMapを見ますとここからは約2㌔あってライトレール駅からは遠くバス停を捜しましたが通る時間が分かりません。夕闇が近付いています。初めてのところを探すのは大変だなと停まっていたTaxiに乗車しました。約5分でホテルに到着です。
ホテルは海の香りがする波止場そばにあって小綺麗でしたが宿泊料はこの旅最高の 5,589円です。船の汽笛を聞きながら眠りたい、朝の高雄港も見たいと奮発しました。
▲ 18:21 お土産にタピオカを買って帰りたいと波止場の商店を捜しました。そして夕食は食堂に入ってワンタン麺です。美味しくいただきました。
Part7へ続く   Part1へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください