昭和の電車 改訂版(108)ー京成クハ2000型ー

東急・京王・東武・京成・西武
関東の私鉄が続きますが、コメントが集まらずさみしい限りです。
関東在住の諸氏は、アルバムをひっくり返して「それらしいモノ」を見つけて『これや!』とこじつけて下さい。
今回の京成電車・2000型もこじつけ電車ですね。

2 thoughts on “昭和の電車 改訂版(108)ー京成クハ2000型ー

  1. コメントが集まらず、ボヤキの米手さま。しかし、「『これや!』とこじつけて下さい。」は、如何なものか? 男は直球勝負でなくては、いけません! と見栄を切ってみましたが、たまたまDavis氏の記録に、関先生の絵にある2014号が見つかっただけですので、ご安心下さい。だが、こんな電車が18輛も作られたとは、ビックリです。無理して、こんな狭幅の貫通扉を付けずとも、非貫通にすれば良さそうですが。まさか、この扉も真ん中の部分を抜き取って、幅を詰めたのでしょうか。道を行く男の人も、ボロい電車やなぁ、と見上げているようです。

  2. すごいですね!
    いや、この写真があったと言うことと、こんな電車を造る会社があったことです。もっともこの頃は輸送力が逼迫していて、こんな事をしても作らざるを得なかった社会事情が悲しいですね。私の一番古い鉄道の思い出は、福塩線から芸備線に乗って三次まで行った時、荷物室(貨車ではなくハニかニ)の箱に入れられて行ったことです。ファイバー製の柿渋色をほろ苦く思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください