こころ旅 富山地鉄 釜ヶ淵駅

 こころ旅は鉄道にまつわる話が多い。今回もそうであった。富山地鉄釜ヶ淵駅。富山に居ていたころに訪れて写真を撮っている。なぜ訪れたかというと、立山駅を訪れた時に富山地鉄の木造駅舎のスケッチ画が飾ってあり、それを見て訪れて見たいと思ったのである。

正面の軒を支えている柱の形が印象的である。

 駅の中へ入ってみるときれいにしてある。入った正面には釜ヶ淵駅のスケッチ画と秋の草花の生け花があり、心がなごむ。

かつての改札口の方はというと

整理券発券機があり、入ってすぐのところに置き傘がぶら下げてある。

 まもなく、立山行きの電車がやって来るので駅の反対側から撮ることにする。

立山行きはカボチャ電車であった。次に来たのは上市方面行きのダイコン電車。

そのダイコン電車は出発していった。ところで、こころ旅のとうちゃこの場所はというと駅から少し上市側の踏切。そこは小さいときにお手紙の人のお父さんが電車の運転手をしていたので電車に向かって手を振ったところ。その踏切というのは

 写真の撮影は2011年10月。番組を見ているとほとんど変わらない風景であった。

 世の中の流れはゆっくりがいい。

明日の5月30日11時29分からBSプレミアムで再放送

 

 

 

7 thoughts on “こころ旅 富山地鉄 釜ヶ淵駅

  1. どですかでん様
     早速ビデオ予約しました。
     一日も早く自由に出掛ける日々が来ることを願うばかりです。
    ワクチン接種予約はまだ出来ません。

    • どですかでん様
       良い天気の中の撮影でしたね。
       運転士が火野正平氏にホイッスルを吹いてくれましたね!依頼された方はさぞかしお喜びのことと思いました。なんか心が洗われました。

      • なかなか、よかったですね。電車が駅から去って行く時にモーター音とレールのつなぎ目の音と水の流れる音が絶妙のハーモニーになっていてうまく録音されているのでびっくりしました。雪解け水の水量が多いのがよくわかりました。

  2. こころ旅私もいつも見ています。3年前立山線を訪れ有峰口、岩峅寺に行きました。地鉄の駅はどこも風情がありますね。今度は駅巡りもいいかなと思っています。

    • その有峰口駅は改装されたようです。ネットで見るとちょっときれい過ぎるかなと思うのですがまあいい感じです。それに旧駅名「小見驛」と「驛」が旧字体で文字の順番が昔の通りになっているのがなかなかの見識だと思いました。

      • 改装後の有峰口駅の写真私も見つけました。本体はそのままで古い部分を一部直したという感じですね。おっしゃっている駅名、以前は入口の上に有峰口駅と書いていてその上の方に「驛見小」と書いていましたが、現在の駅舎には見たところ有峰口の表示が見当たりません。いっそのこともとの小見駅に戻せばいいような気がします。写真は2018年7月撮影のものです。

        • いやいや、これは改装前です。見違えるばかりにきれいになっています。富山地鉄のHPで見てください。駅舎内に入る扉の上に有峰口駅の看板があります。2020年のはじめに改装されたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください