重文になった鉄道車両

今回は、初の国産・量産電気機関車のED16です。両端にデッキを備えた国鉄電気機関車の基本形です。

4 thoughts on “重文になった鉄道車両

  1. 中学生の時に、ED16を雑誌で見て一目惚れ!
    実物を見たかったのですが青梅線は遠く、模型を買いました。鉄道模型社のキットで確か2000円ぐらいだったと思います。実物は遙か後年に阪和線で兄貴分のEF52と共に会うことが出来ました。

  2. 米手作市さま、阪和線のEF52は見たことも写真を撮ったこともありますが、ED16も居たとは知りませんでした。いかにも「電気機関車!」という車体ですね。

  3. 昭和56年10月1日に立川区で廃車となり、青梅鉄道公園に保存されているED161です(平成13年5月13日撮影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください