【19024】2012年冬から春への中国鉄路一人旅 Part19  重慶から芭石鉄道へ

第23日目 3月12日
① 重慶北 8:00(D5101次)→9:55成都東
② 成都東駅10:22(Bus91路)→11:25石羊バスターミナル
③ 石羊バスターミナル12:00(高速Bus)→14:15犍為南門バスターミナル

今日は、毎年恒例となった菜の花咲く芭石鉄道へと向かいます。朝1番の高速列車で新しくできた成都東駅まで参りますが、いつもの成都駅と違って、初めての下車駅です。ここからどうやって犍為行きのバスが出る成都市内の石羊バスターミナルまで行くか課題でした。


▲ 重慶駅に隣接した食堂で朝食、平打ち麺の朝食。毎日のように食しましたが、薄味で辛くなく安くて一人旅にはもってこいです。

▲ 重慶北から成都東まではCRH1型が使用されています。最高速度は、195km/hとおとなしい走行でした。

心配していました石羊バスターミナルまでの交通機関は成都空港に行くバス(91路)が経由すると駅員から聞き出せましたので、駅前ターミナルから乗車しました。

▲ バスは市内の外環線に沿って、約1時間を走行して、石羊バスターミナル横の道路際に着きました。途中下車ですので、バス内ではウトウトもできず、停車する度に掲示してある現在の停留所名を望遠レンズを覗いては、確認していました。
犍為までの高速バス代は、なぜか毎回異なる67元でした。
今日のバスのおともは、写真のとおり、成昆線同様の可愛い20才のお嬢さん。
高卒後は广州で働いていたが、今は給料が2,500元(約3万円)と、良いので成都近郊都市のブティックに替わったそうです。芭石鉄道沿線の三井にご両親が住まれているので、今年2回目の里帰りの途中とか、日本人と会うのは初めてですと、質問の嵐です。電子翻訳機を取り出して、 返答していました。おかげで2時間もの長くて単調な高速バス乗車も楽しい旅になりました。ありがとうございました。座席ですが、切符購入時に指定されますので、こういったことはたまたまです。

犍為到着は、午後2時を過ぎましたので芭石鉄道石渓駅の2時半の列車には間に合いません。次は5時半発ですので、インターネットができる犍為に飛び込みで宿を取りました。
芭石鉄道は明日1番列車(6時発)に乗ることにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください