関三平先生と会う!

長期に亘って産経新聞大阪版夕刊に連載されている「昭和の電車」の作者で、迷図作家の関三平先生にお目にかかってご高説をお聞かせ頂きたいとのご希望がありましたが、私がご連絡を取る役柄で有りながら私用があり、なかなか実現できませんでした。先生への連絡はメールはされないと言うことで郵便になるため、パッパッと行きません。やっとご都合を合わせて頂いて、急遽25日18時阪急南方でとなりました。そんなわけでご希望を頂いていた乙訓の長老様はじめ一部の方達とだけの顔合わせとなりましたことを最初にお断りさせて頂きます。

先生は京都工芸繊維大学のご出身で大変な電車通でおられることは、連載している作品を見てもおわかり頂けると思います。毎回はじめに線画を描いて、それに色鉛筆やマーカーなどを使って色を付ける、その間5日ほどかかるので掲載を隔週にして貰った、などの裏話や、いつも話題に上る「バックはどこの風景やろか?」については「適当に書いています」とのことでした。しかし、元になる写真や色などには大変なご苦労と記憶力を駆使されている由、全員感心して聞き入っていました。会場となった居酒屋は、2時間厳守だったのですが、3時間以上も粘って9時過ぎにお開きとなりました。しかし、まだ聞き足りない様子で久我会長が「ホームカミングデーにお出で頂き、今日来られなかった会員にも聞かせてやって頂けないか?」と厚顔破廉恥にも切り出したのです。先生は「夜型の生活ですから体調を整えなければなりません。早くなければ行けないことも無いのですが・・・」とやや困惑のご様子でしたが、阪急電車好きの先生にP6を運転した事を武器に取り入った久我会長でした。その後、銘々が持参した先生の出版作品集にサインを頂き帰途につきました。

関先生は、準特急さんと藤本さんにも会いたいご様子でした。
関先生1 関先生3

3 thoughts on “関三平先生と会う!

  1. 米手作市様
    会合の様子を報告していただき有難うございます。迷図作家関三平先生はご出席の皆様とは御歳も近く、つまり高齢者であられまして、大学も同じ京都市にあり、さぞ盛り上がって話が弾んだことと思います。1時間以上の延長戦がそれを物語っていますね。関先生は勿論関西のお方と伺っておりますが、関東の私鉄や名鉄、西鉄、それに地方私鉄などほとんど出くわしたこともない車両もあったのではないかと思いますが、よく調査、研究されております。相当な電車研究家とお見受けしました。自分の身近な車両でも特に昔のことなら自信の持てない部分も出てきますが、それを特に総天然色で描かれているのは凄いことだと思いました。

  2. 準特急様、
    関先生の話は具体的で、ここには書けないような話がいっぱいでした。もしもホームカミングデーにお出で頂けたら、ぜひとも直接お聞き下さい。藤本さんにもお伝え下さい。

  3. 米手作市様

     お忙しい中、ご調整有り難うございました。お陰様で関先生との交流が出来たことを喜んでおります。気さくにお話しを頂いたこと、先生のお人柄を感じ入った次第です。
     ホームカミングデー云々はご出席の皆様のご支援のお陰で、決して厭だとは仰らなかったこと有り難く思っています。これもクローバー会の底力なのでしょう。
     ホームカミングデーに関しては、役員各位と調整中ですので、力を合わせて、皆さんにお集まり頂く会合にしていきたいと思っております。変わらぬご支援ご協力をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください