がんばる井原鉄道

運行管理収支、旅客数が右上がりの井原鉄道です。第三セクター鉄道ですから自治体負担分を含めた会社全体の収支でも評価すべきでしょうが、少なくとも旅客数の増加は営業努力の成果として拍手を送るべきでしょう。通勤、通学の定期券収入の多寡が命運を分けることも確かなようです。なお旅客数の増加、収支改善には 昨年米手作市様ご夫妻も貢献されております。

平成28年5月27日 中国新聞朝刊

平成28年5月27日 中国新聞朝刊 井笠 おかやま面

同紙 中国総合面

同紙 中国総合面

JR伯備線と井原鉄道の結節点である総社市は三菱自工水島の下請け企業が多く 動揺が拡がっている地域でもあります。井原鉄道の通勤客への影響がないことを祈念します。

なお昨日の朝刊には 三江線関連の小ネタが載っていましたので ご紹介しておきます。

平成28年5月26日 中国新聞朝刊

平成28年5月26日 中国新聞朝刊 県北面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください