2016年 西方見聞録 Part34 ウイーンのトラム、メトロに乗る、撮る②

第17日目 10月4日 その3

昼食後はグランドホテル前のリング通りに出ました。旧市街を環状に取り巻くリング通りは全長5.3㌔、沿道には1860年代から1890年代までに建築された歴史的な建築の数々が並んでいます。そんな街中を走るトラムが撮りたいと雨降る中に出ました。
▲ 14:06 撮影地① Wien Oper Google座標; 48.202414, 16.369950
リング通りの電停は西回り一方通行を挟んで歩道側に上下線が分かれています。トラム軌道上に自動車は入ることなく流れています。


▲ 14:08 リング通りを渡って、反対側のトラム4076号車の撮影です。ウィーン国立歌劇場前をトラムが行きかいます。

Pferdetramway am Karlsplatz bei der Kärntnerstraße um 1890

Pferdetramway am Ring beim Burgtheater um 1890

Pferdetramway am Ring bei der Oper um 1890

▲ 馬車鉄道時代のリング通り様子と思われます。当時から軌道は歩道寄りに上下離れて敷設されていたようですね。

▲ 14:10 電停横はバーガーやピザのショップにもなっています。

▲ 14:26 撮影地② Schottentor Google座標; 48.213729, 16.362252
U2号線
との乗換駅Schottentorに入線するD系統の4005号車。後方に見えるのはウイーン大学です。

▲ D号線に乗り込みました。車内に掲示されていた電停名表です。

▲ 14:59 HeiligenstädtSickenberggasseは道路片側の専用軌道を走ります。

▲ トレーラーとの連結部分です。絵文字標識は初めて見るサインでした。

▲ 15:05  あと3電停で終点だったのですがGrinzing Straßeで降りました。

▲  15:07 Heiligenstadt に向けてトラムに乗って移動です。

▲ 15:08 撮影地③ Google座標; 48.248888, 16.362786
昨日はU4号線に乗って終点のWien Heiligenstadtに参りましたが今日はトラムに乗って降り立ちました。国鉄・MTRの駅はこの写真の右方向を少し行った所にあるのですがターミナル駅としての華やかさはありません。

▲ 1883年、馬車鉄道から蒸気機関車が牽引する蒸機トラムの時代が始まりました。
蒸機トラムの写真は結構残されています。いろいろなタイプがあったようです。

▲ 15:28 撮影地④ シュピッテラウ(Spittelau)駅はÖBBのS40バーンとMTRのU4・6バーンが交わり、またTramRadelmayergasse電停から乗り換えられるターミナル駅です。上を走るのはU6号線です。

▲ 15:38 撮影地⑤  Liechtenwerder Platz  Google座標; 48.232622, 16.356504
再びD系統のトラムに乗って移動です。次の電停で気に入った撮影地がありましたので降りて撮影です。

▲ 15:45 撮影地⑥ Google座標; 48.225836, 16.360932
Franz Josefs Bahnhof 国鉄Sバーンとの乗換駅、また川の方へ行くとUバーンとの乗換えもできます。

▲ トラムの電化が完成してからのFranz Josefs Bahnhof の様子です。駅舎は新しく立て直されてありませんが当時はターミナル駅としてにぎわっていたようですね。

ここからはD系統から33系統に乗り換えて街中を行きます。 Part35へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください