客車廃車体訪問記 北海道編8

函館本線星置駅・余市駅付近2題を紹介する。

【札幌市手稲区】

記号番号不明  43.129983, 141.209908  1995年10月12日撮影  最寄り駅:星置 ラーメンチェーン山岡家手稲店の裏
正面屋根上に「レストラン MERRY TRAIN」という看板を付けている。既に店舗ではなく、事務所兼休憩室のようだったので内部調査はしていない。現車は『鉄道ピクトリアル』441号96頁①に写真があり、苗穂工場で試作したサロンカー「旅路」である。正面中央に消えかけたトレインマークが残っている。手前の展望室にはソファがあり、絨毯室、個室寝台が設備されていたそうである。これはその後アルファコンチネンタルに結実した。
『鉄道ピクトリアル』718号59頁②にも「旅路」の写真があり、それらの写真と現車を比較すると、正面にスカートが増設されたことがわかる。展望室窓と屋根部の境目のパイプは此処で付けたものである。
現車は、①によればスハ45 37、②ではスハ45 40と食い違っている。ところがスハ45 37は振内の保存車(本稿第5回【91151】)であり、スハ45 40は次項のラーメン店「そーらん」で利用ということになっている。他にスハフ42 509やスハ45 12という説もある。塗り替えをおこなったようで、各標記は無く、銘板も無かった。狭かったため写真は撮っていないが、画面奥の妻面に尾燈が無かった記憶がある。これも現存しない。どなたか、是非ご教示いただきたい。

この時はちょうど札幌に出張中で、会社のコンパクトカメラを借りて撮ったので日付が入っている。

   

 

【余市町栄町】

スハ45 40  43.192509, 140.820627  1995年10月12日撮影 最寄り駅:余市 ラーメン店「そーらん」
◆スハ45 40(1954年川車)→1984年廃車。
余市で有名な<鶴亀温泉>の近くである。「そーらん」というラーメン店であった。「インドカレーラーメン」などとややこしいメニューもあった。現在はラーメンチェーン山岡家余市店の駐車場になっていて現存しない。これも借り物のカメラで手稲と同日撮影した。露出を任意に変えられなかったため、日陰側は画像処理で無理に明るくしたのてザラついた画面になったことをお詫びする。

 

下は車内の様子である。暗いのでシャッタースピードが遅くなり大きくブレたがご覧にいれる。

車内、南(手前)から北(奥)を見る。いちばん奥が便所・洗面所で、少し改造してあり使用できる。その手前32名分(窓4つ分両側)が座席をそのまま生かし、間にテーブルを付けた客席である。背後(南)が厨房で、隣に連結しているワフ29693は倉庫のようだった。店の女性によると、下の銘板どおり1984年11月に苗穂工場で改装して、余市まで回送し、ここに搬入したとのことであった。分かりにくいが、厨房部分西側の窓は変化している。

 

車内奥に苗穂工場の銘板があった。記念にサービスしたのであろう。このような銘板は珍しい。

2 thoughts on “客車廃車体訪問記 北海道編8

  1. 拡大できるようにしていただきましてありがとうございました。
    老眼でもよく見えます。

  2. 手稲区の客車の形式番号は何でしょうか。最後の2枚の画像を見ますと、出入台が車端にあり、端の窓は普通の座席の窓です。便所・洗面所の窓ではありません。また、改造した車掌室の窓(落とし窓や引き違い窓)でもなさそうです。とすれば、ハフではなく、ハであることは確かで、スハ45 12の可能性が高いということになりますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください