【91093】客車廃車体訪問記 北海道編4

倶知安近辺を紹介する。

【幌似鉄道記念公園】

スハフ42 507  2017年8月14日撮影 共和町 幌似鉄道記念公園42.984493, 140.613967

◆スハフ42 257(1954年日車)→スハフ42 507(1975年五稜郭)→1984年廃車
前回せたな町のスハフ42 506と続き番号であるが、新製はこちらのほうが早い。屋根を除き往時の姿をよくとどめている。車体側面右下隅に①や②、積/空の標記があるが、標記場所が間違っている。
隣のワフにはワフ29587と書いてある。煙突はT字型のほうがストーブらしくて好きなのだが残念。
『鉄道ピクトリアル』564号39頁に写真、108頁に記事があるが、現在は国道276号線の整備のため、少し変化している。

 

【六郷鉄道記念公園 旧六郷駅跡】

オハフ46 501    2017年8月14日撮影 倶知安町北4条東8丁目 六郷鉄道記念公園 旧六郷駅跡  42.904729, 140.770703
◆オハフ46 1(1966年大宮)→オハフ46 501(1973年五稜郭)→1985年廃車
これも屋根・尾灯以外はなかなか状態が良い。隣のヨはヨ7913と書いてある。
同じく『鉄道ピクトリアル』564号39頁に写真、108頁に記事がある。

倶知安といえば、昔倶知安機関区があり、救援車としてオエ61 309が配置されていた。オエ61 309は現在小樽市総合博物館に保存されている。本シリーズでは現状の紹介は省略するが、現役の倶知安機関区時代の画像を下に示す。

オエ61 309札クチ  1983年9月24日撮影  倶知安機関区  すかし読みで、・マニ36 2004の記号番号が読めた(Gマーク付き…横川-軽井沢が通過できる)。羊蹄山に雲がかかっているのが惜しい。
車歴は
◆スロ30850(1934年汽車)→オロ35 1(1941年称号改正)→駐留軍に接収 軍番号2384二等座席車BAY CITY(1945年)→軍番号3425部隊用簡易寝台車BAY CITY→更新Ⅰ(1952年大船)→(1955年接収解除)→オロ35 1(1956年名古屋更新Ⅱ)→オハ53 1(1965年格下げ)→マニ36 2004(1966年土崎)→オエ61 309(1981年五稜郭)→1986年廃車。

その後まもなく苗穂機関区配置となった。画像を下に示す。

オエ61 309札ナホ  1985年7月28日撮影  苗穂機関区
2-4位側にも古レールを吊り下げている。変色して見苦しい点はご容赦いただきたい。
昭和一桁生まれのオエ61 309は、救援車としては僅か5年の期間だったが、小樽市総合博物館で保存展示された。末永く余生を送ってほしい。

 

【ファーストムーン羊蹄 2両】
スハ45 21、スハ45 36  2017年8月14日確認 倶知安町巽66-1 ファーストムーン羊蹄(ペンション)
養鶏場として使用しており、車内にニワトリがいる。オーナーが「汚いので撮影してくれるな」というので撮影できなかった。この2両は1987年11月1日、札幌市南郷通4丁目のアサヒビール園で、「ブルートレインアサヒ」というトレインマークを付け「列車レストラン」と表示していたのを見ている。その時は残念ながらカメラを持っていなかった。その後1994年早春、倶知安に移動した。倶知安では当初「レストランブルートレイン」と名乗っていたようである。『鉄道ファン』401号154頁に写真がある。
スハ45 21は、スハとはいいながらスハフ44のような車掌室があり、アサヒビール園当時既にその形態だった。妻面に車掌室部分を接合しているので、その分全長が長いはずである。車掌室部分の側面の窓を埋め、妻面は高い位置に窓を開けなおしていた。何のための改造だったのだろうか。
◆スハ45 21(1952年川車)→1984年廃車。
◆スハ45 36(1954年日立)→1985年廃車。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください