古い絵葉書が・・その2

第1回が思いのほか好評につき、“悪のりその2”をご覧頂きます。

第1回では多くの方が思い出や秘蔵写真を貼って下さり驚くやら嬉しいやら!
撮った写真は人目に見せてこそ価値があります。あなたにとって失敗写真も傷アリ写真もなんとかシンドローム写真も、他人が見れば宝物!この機会にご開帳をお願いします。
また、写真に関する思い出や、関連する豆知識も自慢たらしくひけらかして下さい。必ず会員から賞賛の声が出ます。出なければ私が責任を持って出しますから。

同じ場所で撮った写真や、同じカマの写真があればぜひともお見せ下さい。

『力闘』石橋康一氏・植松宏嘉氏撮影
撮影場所をお答え下さい。

⑨ C56149 1970.9

力闘

 

⑩ 79607 1969.6

力闘

 

⑪ 79615 1971.6

力闘

 

⑫ D52335 1968.4

力闘

 

⑬ C622+C6232 1967.12

力闘

8 thoughts on “古い絵葉書が・・その2

  1. 「その1」と違ってコメントがありませんので、ひとつ。
    ⑪は79615のようですが、場所はわかりません。我々の時代は倶知安機関区の2つ目玉のカマとして馴染みがありました。最後は小樽築港に移動してそこで1974年に廃車されました。現役時代は以前に発表したと思いますので、倶知安町文化福祉センターで保存されている姿をご覧にいれます。特徴あるヘッドライトの1個が無くなっていて残念です。冬場はシートで覆われますので、今年もそろそろ冬支度をするのでしょう。場所は倶知安駅から東へ真っ直ぐ、42.900672, 140.760978です。

  2. 井原さん
    たすかりました。無反応なのでちゃんと投稿されているのか再確認したほどです。ヘッドライトがないのは左側ですか?あの白いのはなんでしょうか?

    • バックの建物は、ようてい小児科・アレルギー科クリニックで、白い丸いものは、その壁に取り付けられた衛星放送のパラボラアンテナです。ちょうど無くなったヘッドライトの位置ですね。

  3. 米手作市様
    もう打てば響く年代を過ぎ、次第に反応が鈍くなっております。⑨は小海線のどこかだろうとは思いますが、この写真の値打ちはC56もさることながら、コキに積まれた「通風コンテナ」です。国鉄の通風コンテナには2形式あり、V10型5個、V11型95個の計100個しか作られず、この写真のコンテナは量産型のV95型のようです。製造初年は昭和43年、昭和49年には早くも廃止が始まり、昭和60年にはすべて姿を消しました。かつては通風車ツ、ツムが野菜などの流通に活躍していましたが、通風車に代わる通風コンテナの時代は短く、殆ど目にすることも無かったように思います。通風車、家畜車、豚積車、家禽車、活魚車など特殊な貨車がありましたが、考えてみれば地方から都会へ向けての一方通行貨車で、帰路は空車回送という効率の悪い貨車だったのですね。通風コンテナはそんな効率の悪さを少しでも解消しようと、一般貨物コンテナとしても使えるように、通風口を塞ぐためのシャッターを装備していました。コンテナ中段に通風口が無いのは、シャッターが収納されているからです。さて⑩は米坂線の、⑫は御殿場線のどこかだろうぐらいしかわかりません。第3弾をお待ちします。

    • 西村さん
      コンテナにそんな形式があったとは知りませんでした。
      言われて、あらためて見てみると、確かに通風口が開いていますね。それよりコンテナとC56の組み合わせがなんとも面白い!

井原 実 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください