江若鉄道三井寺下再現 その10 クイズ解答編

特派員殿のコメントどおりですが、しゃがんでいたご仁は六角通りのY氏でした。その他にT氏の姿も。通りの向こう側の白い上着の人は浄福寺殿でしょう。関東の重鎮お二人の間で 欄干にカメラを乗せてのぞいているのが誰かがわかりません。      うしろの旅館の看板に「休憩所」と書かれています。私が小学生時代を過ごした東山界隈の裏通りには「ご休憩」と小さな看板を出した仕舞屋がたくさんありましたが 子供ごころに「疲れた人が休憩するための家」だろうと思っていたものです。その隣には「桑野造船」の看板が見えます。内陸の大津に造船所?と一瞬思うのですが 琵琶湖に浮かぶ大小の船は湖岸にあった造船所で作られたのでしょうから ここに造船所があっても不思議ではありません。造船と言っても和船だったのかもしれません。 

琵琶湖第一疏水をまたぐこの橋は 43年も経った今もそのままの姿で残っており、橋の上からの石坂線の眺めは ポールがパンタには変わっていてもタイムスリップできる風景でした。手前は江若鉄道の鉄橋を遊歩道にした「大津絵橋」です。

(追伸)上の写真の縦横比がおかしいのはご容赦を。拡大すると正常だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください