【2267】2009年青春18きっぷの旅Ⅰ Part3 富山ライトレール

富山まで移動のため、高岡12:26始発の437Mに乗車すべく駅に行きましたが、何やら改札口周りがざわついています。朝からの悪天候です。糸魚川付近で、強風のために列車が止まっているとの放送がありました。437Mは、本日運転休止です。仕方ありません。

12:50発の439Mは、運行するというので、ホームで北陸名産のかまぼこと揚げ物を”アテ”にビールを飲みながら、待つことにしました。

旧国鉄色の475系3連に乗車、富山は定刻到着でした。ホテルへ荷物を預けてから、富山ライトレール富山駅北を目指しました。

富山ライトレールは、2004年4月29日に、旧JR富山港線をLRT化して開業しました。鉄道友の会の2007年ブルーリボン賞、またJIDPO(財団法人 日本産業デザイン振興会)の2006年グッドデザイン賞も受賞しました。

第3セクターで運営する鉄道会社は、全国に約100社ありますが、黒字経営ができているのは、智頭鉄道、北越急行と数社です。殆どは、JR赤字ローカル線を引き継いだが、慢性的な利用客激減を止められず、やがて精算廃線の道をたどっているのが現状ですが、富山ライトレールだけは違いました。

初めて日本で、LRTが成功した事例でもあります。これからの都市再開発の起爆剤として、期待されている富山ライトレールを是非とも、乗って見て実感したいと、以前より思っていました。

かって、日本全国の都市には、都市内交通機関として、路面電車が市民の足として、欠かせない存在でした。しかし、モータりーゼーションの影響により、車が道路上に溢れる車で、スピードダウンを招き、やがて利用者減となりました。道路上には邪魔な物として、地下へと追われるか、廃止廃線が続きました。

確かに大都市の路面電車は、高速大量輸送機関とは、無理と言わざるを得ませんが、地下鉄には、膨大な建設費が必要です。開業しても高い運賃となり、利用客が予想に達せず、多くは運営面でも赤字となり、以前よりも経営、財政を圧迫しているのが、現状です。

関西でも、神戸地下鉄海岸線や大阪地下鉄今里線で代表されるように、無理な利用客予想、かかる維持経費のために大きな失敗例となっています。むしろ、LRTが最も相応しかったのでしょう。財政悪化を引っ張るこれらの路線は、早く廃線にして、都市洪水対策のトンネルとして再活用した方が、市民のためにも良いと思うのは、私だけではないと思います。

インテックス本社前~富山駅北

富山駅北~インテックス本社前

インテックス本社前

奥田中学校前~インテックス本社前

奥田中学校目

城川原入場

下川原車庫

下川原

東岩瀬 旧JR駅舎が保存されている

大広田

岩瀬浜~競輪場前

岩瀬浜~競輪場前

岩瀬浜~競輪場前 天気が良ければ、絶好の撮影地

 富山ライトレールは、
① 北陸新幹線建設に伴う富山駅高架工事に、年々利用客減少が続く富山港線を含めるには、多額の費用が必要でした。
② 駅工事の負担金を求められる富山市は、富山港線高架化、それまで一般的だった鉄道廃止によるバス代替運行、そして路面電車化の3者一宅を検討しました。
③ 富山市が目指すのは、『公共交通を軸としたコンパクトなまちづくり』でした。
④ 富山県は、全国第2位の自動車保有台数、全国第1位の道路整備率の現状となっているがために、都市中心部の空洞化を招いている。

以上の状況のもとに富山市が選択した結論は、我々鉄道ファンが待ち望んだ、LRT導入による路面電車の建設でした。

奥田中学校前駅から終点の岩瀬浜駅までの区間は、JR富山港線の跡地を利用して、最高速度60km/hで走行する専用軌道、奥田中学校前駅から富山駅北駅までは、新設の道路併用軌道(レールはドイツ製)とした。

奥田中学校前~インテックス本社前

車両は、第38回ローレル賞、第1回国際交通学会賞に輝く熊本市交通局9700形、岡山電気軌道9200形”MOMO”で、実績あるボンベルディア社製LRVを基本とした、新潟トランシス社製造の低床製LRTを採用した。

利用者を増やすべくサービスの数々を実施した。
① 前略の低床式車両の導入により、バリアーフリー化を実現し、老人や車椅子利用客にも問題なく乗車できるようにした。
② JR時代は、1時間に1本だったダイヤをラッシュ時は、10分間隔、日中時も15分間隔を確保し、待ち時間を短縮した。
③ 終電を21時から23時台まで延長した。
④ 駅を4駅増やし、身近にした。
⑤ 季節に合わせてのイベントを実施した。
⑥ 最も強調したいのが、『トータルデザイン』。社員、駅、ICカード、車両に至るまでのすべてを一貫した、コンセプトで統一した。一言で云えば、『かっこ良い、ナウイ』印象を与え、若者も取り込んだ。

待っても中々来ない。乗り込むにも段差があり、年寄りには一苦労。走り出してもノロノロと遅い。よく揺れて、乗り心地が悪い等々の路面電車のダサいイメージを、払拭してくれました。

結果、JR時代は、平日約2,000人、休日1,000人にまで落ち込んだ利用客は、2006年10月には、平日2倍以上、休日では5倍以上に増客した。2008年11月11日には、500万人を突破し、目標値を1年半早く達成しました。

富山ライトレールの大成功に意気上がる富山市では、富山地鉄市内線の西町交差点から丸の内までに路線を延伸し、環状線化を図る。また、上滝線についてもLRT化計画を打ち出しています。

地球温暖化対策における温室効果ガス排出量を減らすためにも、都市交通のLRT採用は、大いに寄与すると実証されています。また、都市財政の破たんが世を騒がす現状を見ても、少ない投資で大きな効果を上げていける事は、欧州はじめ世界各地での常識です。

京都でも、出町柳から北野白梅町を結ぶLRTを敷設して、出来れば、嵐電、叡電と相互乗り入れしての路線が出来れば、観光にも便利になるでしょうね。

こんな事を考えながら、夜まで、乗車と写真撮影に励みました。乗車していて感じた事ですが、殆どの運転手さんが気楽に声をかけてくれます。運転中は、こちらから差し控えるほどでした。

さあ、明日は皆様方と合流の日です。富山から高山線で向います。

One thought on “2009年青春18きっぷの旅Ⅰ Part3 富山ライトレール

  1. こちらは、富山市を国内外に広くPRするためのサイト「Visit-Toyama.com」を委託運営している(株)シー・エー・ピーと申します。
    現在、富山市のLRT(ポートラム・セントラム)、立山の眺望や北アルプスへの登山・山岳観光等、おわら風の盆を紹介しておいでのサイト様で相互リンクしていただける方を募集しております。
    一緒に、富山市の魅力を沢山の人に伝えていければと思っておりますので、
    ぜひ、ご協力いただければ幸いです。

    詳しくは下記リンクをご覧ください。
    よろしくお願いいたします。

    応募ページ:http://www.visit-toyama.com/jp/entry.php?nid=95001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください