デジ青の投稿方法 Wordからの原稿挿入の禁止について

デジタル青信号(以下略;デジ青)に投稿者の皆様方、いつもご投稿をいただきましてありがとうございました。またご覧いただいておられます皆様方、ご覧いただきましてありがとうございます。

平成12年12月より立ち上げましたデジ青も早13年8ケ月を経過し、投稿者数と投稿記事が増えると共にアクセス数も増えて参りました。最近では1日平均1,300件あまり、多い日には2,000件を超える事もあり、当会員以外にも多くの方々がご覧になっていただいておられと感謝しております。
これからも多くの方々に見ていただくには、新規投稿者を増やして内容を豊富にしていただきたいと思っておりますのですが、今回投稿者の方々には困った問題が生じました。

このホームページ作成にはWordPressというソフトを使用しています。 WordPress は世界中で使われいます最新のHPソフトで、世界中ののSE達が参加して日々更新を続けています。より良くなっていくのは利用者にとっては素晴らしい事なのですが、その度に使用(投稿)方法が変わっていくのも現実です。Windowが定期的に変化して行くのと同様とお考えください。

予期せぬ変更があると投稿方法も変更していただかねばならないケースが出て参ります。今回はWordからの挿入が出来なくなった」という事です。 今まではWordで作成していただいた原稿をインポート(投稿に挿入)できるようになっていた(アイコンもあった)のですが、1ケ月ほど前から無くなりました。 無理に行うと、バグが発生します。ご覧になられている方々のブラウザによっては、全文が太文字表示となってしまいます。
ブラウザの種類は多く、Windows使用者が多く利用しているInternet Explorerでは表面的には出ていませんが、Google ChromeFirefoxMacでお馴染みのSafariではバグ太文字表示となります。

バグが出てしまっているのは管理者としてあってはならない問題です。過去には投稿された原稿が消えてしまったという大きな事故が発生しました。復旧は完璧には行えず、無駄手間と時間も必要としました。こうした過去の事故から、バグと名付けられる、またそう思われる要因については最初から撲滅していかねば健全な運営が出来ない事を学びました。

長い文面になりましたが、以上の理由により今後はWordでの原稿挿入は禁止します。 Wordで原稿を作成されておられる方は、一旦アクセサリーからメモを開いてコピーして、テキストに変換してから挿入してください。または直接入力してください。 管理者として編集変更できない事はありませんが、作業途中での原稿内容の損失の危険性もあります。また手間もかかります。よって以後、Wordで挿入投稿された記事は一旦ゴミ箱に退避させる処置を取り、ご投稿者にはメールにてご報告させていただきます。ご投稿者はご面倒ですが再投稿をお願いします。

ご投稿者各位のご理解とご協力を切にお願い申しあげます。

2 thoughts on “デジ青の投稿方法 Wordからの原稿挿入の禁止について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください