2009年 北の大地へ Part4 上湧別町鉄道資料館

第5日目 10月26日

道の駅『かみゆうべつ温泉チューリップの湯』4:00→4:40湧別港5:00→5:20湧別川河口海岸6:00→6:30→上湧別鉄道資料館
6:50→7:30湧別町計呂地交通公園8:30→9:20佐呂間町交通公園9:45→12:00網走市鉄道記念館12:25→13:30北浜駅13:50→15:00止別駅15:05→19:00網走鉄道記念館

昨夜は、風が強かったのですが、車内温度6度で、何とか熟睡できました。オホーツクの朝は早い。約40年前に宿泊した国鉄の寮で、3:30に朝日を見て、びっくりしました。4:00、今日朝は、何としてもオホーツク海に上る朝日を見たい、撮りたいと早起きしました。道の駅『かみゆうべつ温泉チューリップの湯』から。湧別港までは、直ぐです。

朝の湧別港では、漁船が出港準備をしていました。
朝日を見える場所は、どこが良いのか、分りませんので、海岸沿いに車を走らせました。
ようやく、湧別川を越える辺りで、撮影に邪魔だった防波堤が消え、砂浜が見えました。外気温は、2度。晴れた朝方は、気温が下がってきます。あかね雲が広がって、朝日を上がるのを知らせています。

三脚を砂浜に用意して、じっと待ちます。その頃から、ぶんしゅう7号だけだった堤防の道には、車が1台1台と止まって、竿を持った釣人が、砂浜に下りてきました。旬の秋アジ(鮭)を求めて、ここは格好の魚場だったのです。


5:55、オホーツク海からの朝日が上がるショーの始まりです。寒さも忘れて、うっとりと幻想的光景に見入りました。これで、フェリーで見そこなった、朝日のリベンジは、果たせました。

納得して、来た道を戻り、『かみゆうべつ温泉チューリップの湯』に隣接する湧別鉄道資料館の見学です。途中でコンビニに立ち寄り、朝食の購入をしました。かつて近くにあった湧別駅を見たいと、コンビニの店長に聞きましたが、もう跡形もなく、別の建物が建っているそうです。訪れるのが、遅すぎたようです。
思えば、SL淘汰によるブームが過熱し始めると、今まで珍しい趣味を持っていますねと、熱烈歓迎された機関区や駅構内への立ち入りは禁止され、迷惑顔をされるようになるとともに、鉄道への情熱は薄れて、カメラは、子供達を写すだけとなりました。

情熱が復活したのは、中国です。鉄道は、国防上の機密とみなされ、誰も写そう、写せずの中での反発からか、自然と、目覚めが始まりました。
かといって、熱心な鉄ちゃんでもありません。専門的な鉄道に関する知識は、希薄です。こうやって、気ままに思うがままに、国内外を問わず、あえて予定をガチガチに組まず、気楽に鉄道に乗ったり、撮影したり、温泉に入ったり、地方のB級グルメを食しながら、時には地元の人と話し込んだりして、ぶらぶらと、一人旅をする事が、好きなだけです。決め付けは、最も嫌いますので、いつまでも、旅する自由人でいたいと思っています。



1989年、名寄本線廃線に伴い、廃駅となった中湧別駅に鉄道資料館ができました。


1969年(昭和44年)当時の道内時刻表です。

上湧別鉄道資料館に戻りました。ここは、かつて、名寄本線から網走への湧網線が分岐した駅でした。1日あたり42本ものDCが発着し、急行『天都』、『オホーツク』もありました。その他、9600型が牽引する貨物列車の発着もあって、中湧別駅は、この地区の交通の要所でした。

残念ながら、今は鉄道がなくなりましたが、綺麗に保存されている駅を見て、ほっとしました。
そして、次の目的地『湧別町計呂地交通公園』へと、向かいました。 Part5 へ続く

 

2 thoughts on “2009年 北の大地へ Part4 上湧別町鉄道資料館

  1.  以前より特派員や米子っこでご活躍でしたが、四国宇和島、台湾、中国撫順・長兵山等の連続旅日記のあと、今度は素晴らしい車で北海道へ。恐れ入りました。小生は車の運転が苦手で知らない所へでかけるのは億劫です。近鉄特急の田淵さん、逗子の高田さん、最近では893-2さんをお乗せしましたが、皆さん多分、小生の下手さ加減を感じておられたことと思います。それにしてもすごい車で今度乗せてもらいたいと思います。そうそう、撫順・長兵山に一緒に行った友人が元祖青信号を見て「一度ぶんしゅうさんを紹介して欲しい」と言っていました。また、あの総本家さんも「この意気込み、これは本物や」と言っておられました。失礼ながらぶんしゅうさんは現役時代こんなに熱心やったのかなと思いましたが、特に中国で目覚めたとのことで少し納得しました。 さて、旅日記ですが、小沢の出発や羊蹄山などは大変懐かしいものでした。さすが、北の大地の風景はよろしいですね。丸瀬布は行ったことがありませんが、急がれた様子がよく伝わってきます。オホーツク海の日の出は鉄道は写ってないですが、見事です。よく4時ごろに起きるなとその根性にも感心しましたが、交野の1900さんも最近、熊谷かどこかでそのような時間にごそごそ起きたとか。本当に皆さんお元気で結構なことと思います。

  2. コメントをいただきまして、ありがとうございます。
    ご覧のように、鐡道知識については、未熟者で、旅先で知り合った方々のお知恵をいただいては、動いている次第です。車の件は、いつでも、どこへでもOKです。お気楽に申しつけください。
    北海道の撮影は、本当に久しぶりでしたが、あまりの変貌に驚いていました。これからも続編が続きますので、よろしくお願いします。しかし、丸瀬布は、良かったですね。来年の初夏には、必ず行くつもりです。ご一緒にいかがですか?
    ご友人の方ですが、いつでもOKです。むしろ、いろいろと、教えていただきたいと思っております。ただ、近日中に、また中国に出発します。今回は、以前勤務していた会社のジュニアと一緒です。どこが気に入ってもらったか、分りませんが、同行案内をせがまれます。明後日、打ち合わせをしますが、多分12月初旬頃までは、滞在します。彼は、先に帰りますので、その後、また、放浪の旅となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください