2015年 西方見聞録 トルコ鉄路の旅 Part6 ブルサの朝のトラム、エスキシェヒルへのバス切符購入

DSC_1253002DSC_1248001▲ 5:57 夜明け前のT3路線の起点Zafer.PI電停。昨夜の賑わいが嘘のようにひと気もなく静寂に包まれていました。
昨夜は早くに寝ましたので早朝には目覚めましたので、朝の散歩と日中は車が被って撮れにくいトラム撮影に出かけましたがまだ走ってはいません。掲示してある時刻表を見ると始発は7時と日本では考えられない遅い運行です。東欧では深夜運行が行われている都市もありましたがトルコ人が動き出すのは遅いのですね。

第3日目 9月3日 その1

今日はブラサからバスに乗ってエスキシェヒルへと向かいトラム撮影後は、高速鉄道に初乗車して首都アンカラで宿泊予定です。バス網の発展しているトルコですが、長距離バスのターミナルは中心部から北へ約10㌔あまり離れた場所にあります。早めに着きたいので朝食後直ぐに出かけますが、朝食時間が7時半と遅いのでそれまではトラム撮影です。
DSC_1260004DSC_1260_1005大通りを渡って、T1路線のTimurtaspasa電停に参りますが運行時間は、07:00~23:00と掲示されています。
07:00~08:00 15分ヘッド
08:00~11:00 12分ヘッド
11:00~19:00 9分ヘッド
19:00~20:00 13分ヘッド
20:00~23:00 15分ヘッド
但し日曜日だけは違っていて、
11:00~19:00 12分ヘッド
19:00~23:00 15分ヘッド
待たずにすぐ乗れるとは言えなくとも、待つのを我慢できる運行ですね。

トラムはしばらく来ませんので電停後方の昨日登った高台からの見学と散歩です。
DSC_1267006

DSCN0382026

40.184323,29.059459

DSC_1277012DSC_1288013▲ 6:38 予想外に早くトラムが坂を上ってきましたが電停には止まらず通過です。営業運転前の試運転なのか?

DSC_1299014▲ 6:50 続いて来たトラムは停車して客扱いをしていきましたが、それでも掲示されている時間よりも早くに来ました。この時間になりますとバスも頻繁に運行されてきました。町が動き出したようです。

DSC_1324016▲ 6:57 T3路線に戻りますと既に始発折返しトラムは既に来ていました。

DSC_1326017DSC_1337019▲ 7:00 こちらはきっちり、定刻の発車です。始発が走り出すと、この通りの一日が始まったと実感できます。

▲ 7:26 ホテルに戻っての朝食です。最上階にレストランがありましたが、狭い部屋と違って広めです。ただメニューは限られたものしかない簡単なものでした。01_バスターミナルまでのルート① Bursa CityHotel 8:04(Taxi)⇒8:17オトガル

DSCN0405039トルコではバスターミナルをオトガルと言います。ホテル近くにバス(38番)があるのは確認していましたが、やはり荷物が厄介です。Taxiを呼んで向かいます。結構ありましたが渋滞もなくスムーズに約13分で到着しました。空港かと思えるほどの立派な建物です。

40.265304,29.053278

8:17 入ってからも広さには驚かせられました。トルコでバスに乗るのは初めてでオトガルを見に来た事さえありません。切符の買い方が分かりません。取りあえず行先名はメモにトルコ語で書いてきましたので、正面にあったインフォメーションに行って英語で聞きました。
すると、後方の赤い看板(PAMUKKALE)を指差して行くように申されます。

DSCN0413040_00▲ 8:30発を注文したのですが満席、次の9:00も満席で取れたのは9:30発便でした。運賃は25TL(約1,000円)とTaxi代より安いものでした。勿論、指定席制です。

後で分かったのですがエスキシェヒルへと向かうバス会社はもう4社あって選択できました。聞いたインフォメーション係員は、初心者で外人なので、きっと1番近い売場を紹介してくれたのでしょうね。
DSCN0415041

▲ 8:43 バスの切符は指定した時間で問題なく買えると思っていましたが満席とは予想外でした。乗車するバスの発着ホームを確認してからゆっくりと乗車待ちです。テーブル席に座るとボーイが直ぐに注文を取りに来ました。名物のイスケンデル ケバブもあって食事もできる、分かりやすい写真付きのメニューです。ただ値段は記載されていません。コーヒーを注文しました。
支払いは注文品が運ばれてからボーイが置いていった注文書を持ってレジに行くスタイルです。

DSCN0440012

▲ 待合ホールで写真展をやっていました。トラムを撮った写真もありましたが、冬景色です。
地中海に近い町なので冬は暖かいのだろうと思っていましたが雪も降るのですね。冬にも来てみたいと思い始めました。
DSCN0456054▲ 9:20 バスが来ました。キャリアーケースを荷物室に入れてもらって発車を待ちますが、このバスはアンカラ行きです。私たちは、途中下車になります。

9:30 バスは発車しました。約2時間半の所要時間ですが予定通りに到着するのか、エスキシェヒルオトガルは鉄道駅までどのくらいあるのか、情報がなく心配でした。  Part7に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください