【64015】2015年 西方見聞録 トルコ鉄路の旅 Part9 アンカラメトロ、アンカラからカイセリへ

Ankara_Metro路線図_150901【 アンカラメトロ・アンカライ】
首都アンカラの交通事情切迫解消のため1969年8月30日に開業したのがライトレールシステムのアンカライAnkaray・1,435㎜ゲージ・9.5㌔)で、オトガル(BT)と市内を結びました。翌1997年にはメトロとしてM1号線が開業、しばらくして2014にM2M3号が開業しました。4路線合わせての総延長は55.14㌔です。M4号線も今年2015年12月の開業を目指して最後の仕上げに入っています。路線網の詳細はこちらへ、公式HPはこちらです。

第4日目 9月4日 その1

今日はSL撮影ツアー参加のためにアンカラからカイセリへとバスで向かいます。当初は鉄道利用で向かう予定をしていましたが、列車時刻が替わってしまい夕刻遅くでないと到達できません。これではカイセリのトラム撮影ができませんので早くに着く高速バスに変更しました。
バスの切符は昨日アンカラ到着時に購入済みです。
オトガル(BT)まではアンカライ(Ankaray)で向かいます。バスの発車時間は8時ですのでそれほど時間は取れません。早めにチェックアウトしてメトロに乗って見る事にしました。

▲ 6:40 ホテル前にはアンカライの入口がありますがエスカレータはありません。長い階段を重い荷物を持ってゆっくり下りていると、上がってきた青年が「お持ちします。」と言って、代わりに持って下りてくれました。よほど大変そうに見えたのでしょうね。助かりました。ありがとうございました、朝から感謝、感謝です。

DSCN064200301_アンカラメトロ切符_100▲ 6:44 降りたMaltepe駅のB1コンコースはひと気もなくガランとしていました。

今回はホーム外に出ずメトロを視察してからオトガルに行きますので自動券売機で購入したのは、使い捨ての1回券です。
アンカラでは1日券やチャージも出来る各種磁気カードがあります。次にゆっくり来れる時の利用としました。

時間はありませんのでM1M2号線の両方が見られる接続駅のKizilayへと向かいます。

Ankarayo路線図_150901

▲ 6:49 ホームにもひと気はありません。ブルサ同様に朝の遅いアンカラなのでしょうね。
▲ 6:52 いつ来るのかと待っていますと走行音が聞こえ、電車が入線してきました。

DSCN0691013▲ 着いたKizilayです。上と右下はM2号線の車両です。両側ホームの挟み込み線ですので乗客の皆さんは開いた両側ドアから素通りしてのホーム移動です。左下はM2号線の新型車両、南車製のようです。
じっくりと撮りたいのですが時間がありません。また、トルコでは鉄道の撮影は注意を受ける事が多いので目立つ一眼レフは出せません。コンデジで対応しましたので大した写真が撮れなく残念です。
7:22 撮影を切り上げ、再びアンカライに乗車してオトガル接続駅の終点Astiに向かいました。この時間になると乗客も多くなり満員です。途中から地上線を走りました。

▲ 7:45 Astiに到着。オトガルまでの接続通路は長い動く歩道が設置されています。空港と変わらない広い通路です。

02_バス切符_100▲ 7:50 乗車するMETROバス会社のカウンターに到着。発車乗り場をお聞きしますと№41との返答です。他の客とバスが来るのを待っていましたら係員が走ってきて「すみません。発車乗り場が替わりました。」と、もう1階下のフロアーへと荷物を持って案内しました。
前もってインフォメーションでも乗り場は聞いていました。案内表示板でも№41と記載されていましたので直前変更だったようです。でもカウンターに行っておいて良かったです、行かなかったら置いてきぼりになっていました。

DSCN0731024▲ 8:00 バス下部の荷物室に荷物を入れると直ぐの発車でした。席は昨日買ったので前から2列目、乗客は少なく50%程度でした。バスは昨日とは違っていますが同じ4列シートで座席TVも付いています。またサンドイッチとコーヒーサービスがあるだろうと思っていましたが、今日は何も提供されません。バス会社によってサービスに差があるのか、乗車区間によって違っているのか? 仕方がないので用意しておいた非常食のパンを出しての朝食です。

02_アンカラ⇒カイセリDSCN0737025

DSCN0757029▲ 発車して直ぐに高速道路に入りました。カイセリまでは313㌔、地球の歩き方では所要時間、約4時間と記載されています。
市街地を抜けると牧草地や荒野が広がる丘陵地帯を行きます。渋滞もない高速道路を快走します。1度給油で停まりましたが以降走りづめです。

11:35 途中トイレ休憩がないのかと思っていましたら3時間40分走ってようやく、とあるレストラン前で停まりました。

▲ お昼前ですのでレストランではいろいろと料理が並べられていましたが、誰も食事をされる様子はありません。どのくらい止まっているのか分からず、せいぜいチャイを飲む程度でした。

11:57 再び乗車で走り始めました。22分間の停車でした。

▲ 休憩前までは80~100km/hの走行スピードでしたが、ピッチが上がり100~120km/hでカイセリを目指します。

▲ 12:51 カイセリオトガル(BT)にようやく着きました。所要時間は4時間51分、地球の歩き方はちょっと間違っていますね。
カイセリのトラムはオトガルまで来ていない事はipadからGoogle地図で確認済みです。ここはTaxiでホテル直行が一番です。直ぐに乗って向かいました。

▲ 13:07 ホテルの場所は地図も用意していましたが、運転手はホテル名を書いたメモだけで分かっていました。助手席でナビ確認をしながら到着です。約8㌔、12分の乗車でした。
ホテル前で丁度、トラム乗り鉄をされて帰ってこられたO氏ご夫妻、HGさんとお会いできました。

▲ 宿泊したのは、Hotel Atary。市内中心部にあってトラム駅もすぐです。
部屋に荷物を置いてからは早速カイセリのトラム(カイセライ)に乗って見る事にしました。 Part9に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo