北関東のSL+EL こんなんありました

異形式併結や電蒸運転で盛り上がっておりますので、それに便乗してみました。高崎で過ごした単身赴任の4年間、土曜、日曜はしっかり北関東の鉄道を満喫しました。そんな中から3例をご紹介します。まずは秩父鉄道から。

平成11年5月3日 広瀬川原にて デキ107+PC+C58363

現在も秩父鉄道ではC58363牽く「パレオエクスプレス」が運転されているようですが、機関区のある広瀬川原と熊谷間の回送は電機が牽引します。写真は広瀬川原出発直前の回5102レです。牽引機のデキ107は元松尾鉱業鉄道のED501です。このデキ107は平成27年3月に除籍になったようです。客車はデキ側(熊谷寄り)からスハフ322357+オハ472246+オハ472261+スハフ422137です。汽笛を合図に発車してゆきました。

次はD51とEF64です。

平成12年6月18日 信越線北高崎・群馬八幡間 D51498+PC+EF641001

「ブライダルトレイン SLウエディング号」という名のイベント列車です。終着横川駅でD51が方転できないので、復路のためのELをぶら下げています。プッシュプル運転とでも言うのでしょうか。

後ろからEF641001  ぶどう色の電機は昭和の香りがします。

最後はC58+EF58です。

平成13年1月6日 上越線井野駅通過のC58363+EF5861+PC

この列車は「EL&SL みなかみ号」9733レです。C58は新前橋までだったと記憶しています。客車は前からスハフ12102+オハ12315+オハ12316+オハ12314+オハ12313+スハフ12101です。井野でこの通過シーンを撮ったあと、後続の電車で追いかけました。水上に着くとすごい積雪で驚きました。お召列車専用機のEF5861が何とも格調高く見えました。

水上駅でのEF5861

もう17,8年も前のことになってしまいました。これらの車両たちは今どうしているのだろうと 当時をなつかしんでいます。お粗末様でした。

 

2 thoughts on “北関東のSL+EL こんなんありました

  1. 西村雅幸様
    作品を見ていますと赴任中の高崎のご自宅をお邪魔した日を思い出します。広瀬川原という所はまだ行ったことがありませんがここと熊谷の間に面白そうな編成が走っているようですね。高崎通信員時代には東武とわたらせ渓谷鉄道の見事な併走写真を発表されたことが記憶にあります。また、併走と言えば小田急、京王の併走区間では最近のダイヤ改正で千代田線直通我孫子行き急行と京王の新宿行き準特急が同時発車することが多くその並んで来るチャンスを狙っていますが以前西村さんがデジ青に発表された新製回送の東京メトロ16025はまだキャッチできていません。撮れたら発表したいとは思っています。

  2. 準特急様
    高崎にお越し頂いたことは記憶から飛んでしまっていますが、蓮田、氏家あたりで雨の中北斗星やカシオペアを撮ったり、真岡鉄道を訪ねたりしたことを覚えています。いったいどこで1泊したのか、浴衣姿の準特急氏、特派員氏、逗子のT氏、もと松阪のT氏との記念写真があります。茨城県の個人宅庭にあるスエ38の前では高槻のI氏も合流しています。あれからもう17年も経ったのかと北関東での集まりをなつかしく思い出しました。これとは別に秩父鉄道にも行っていますね。そのときは当時熊谷にいたモッチャンも合流しました。何はともあれ全国どこでも声をかければすぐに何人かが集まるクローバー会は稀有な仲間だと改めて感じます。コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください