乌鲁木齐 2011年冬から春への中国鉄路の旅 Part8 初めての新疆ウィグル自治区

第5・6日目 2月26・27日
①哈密23:35(K9781次)→8:20乌鲁木齐(ウルムチ)
②乌鲁木齐駅8:50(チャーター車)→国際バザール→美麗華酒店

K9781次は、始発駅だけあって1時間前の改札でした。この列車は、2階建て硬座車5両(SYZ25B①不明+②346241+③339311+④339350+⑤346245)+食堂車(⑥CA25G893183)+2階建て軟座寝台車(⑦SRW25B552623)+2階建て硬座寝台車8両(SYW25B⑧674463+⑨671294+⑩674469+⑪671308+⑫671314+⑬671310+⑭675696+⑮997939)の合計15両編成です。



▲ S氏が乌鲁木齐から哈密まで乗車予定だったのは、この列車と同じ編成です。行先板は、久しぶりに見るホーロー製です。乌鲁木齐までの553キロを8時間45分をかけて走行します。その後、喀什(カシュガル)までの1588キロを24時間54分をかけて向かいます。まさに快速「シルクロード号」ですね。この運用ですと哈密を出発して、哈密まで帰ってくるのには5日間かかりますので、少なくとも10本の同一編成が必要となります。駅名板はウイグル語でも記載されていました。

食堂車を連結してありますが、今夜はもうお腹が一杯で、パスです。 我々の席は1階ですが、どうせ夜中走行ですので車窓は見えません。おとなしく寝床につきました。

▲ 8:20、列車は定刻に薄明るくなりだした乌鲁木齐到着。どっと、乗客が降ります。陳さんは車をとって来るので少し待ってとどこかに行ってしまいました。
▲ 中国の主要駅では切符の残席状況が電光掲示板に掲示されます。ここ乌鲁木齐駅では、通常25本の列車の発車があり、春節時期には「L」の頭文字が付いた臨時列車も数多く増発されています。見ますと、乌鲁木齐行きの切符は売り切れでしたが、逆方向は明日でも残席が多くありました。乌鲁木齐から沿岸部大都市に出稼ぎしている民工が多いと思っていましたが、むしろ乌鲁木齐に戻ってくる客の方が多いようです

▲ 9:00、ちょっと待たされましたが、車に乗ってまずは朝食。今日朝は、市内中心部の庶民食堂の珍しいバイキング形式でした。

9:40、S氏一行とはここでお別れです。ご一行は乌鲁木齐空港から北京に向かわれて、北京1泊後に帰国されます。一方、準特急先輩と私は、乌鲁木齐泊りです。まだフライトまで時間がありましたので、シルクロードの雰囲気を味わいたいと国際バザールへと行きましたが、ご覧の通りまだ開店前で閑散としています。私は、ホテルで乌鲁木齐からの一人旅用の切符を旅行社から受け取らなければなりません。ホテルまで送っていただき、またの再会をお約束しました。

切符の受け取りが済みましたので、しばし部屋で休憩後、準特急先輩と街をぶらつく事にしました。ホテルのフロントでしっかりと道順を聞いたつもりでしたが、初めから逆方向に向かっていました。これでは着けません。
途中で道歩くおじさんに聞いた時はすでに相当遠ざかっていましたが、ご親切にバス停まで案内してくださりました。バス停ではおばさんがこのバスに乗りなさい、バスに乗れば運転手がここで降りなさいと教えてくれました。乌鲁木齐の皆様方、ご親切をありがとうございました。

初めての知らない土地に行って迷走した時の道案内ほどありがたいものはありません。中々乗ることはできない地元バスにも乗車の経験を持て、無事に国際バザールに到着しました。

15:53、かなりお腹が空いてきたので、近くにあったカシュガル料理店に入りました。2階に上がって行き窓際席をゲットして、後は注文です。店員を呼んでメニューを持ってくるように言いますと、「没有=ない」の一言です。部屋の壁を見ても、テーブルを見てもメニューは書いてありせん。「えっ、えっ、何をどうして注文したらいいの?」の世界です。
初めてでよく分かりませんが、見渡すとこの店は地元の常連客ばかりです。メニューの用意はいらないようです。仕方ありません、「地球の歩き方」を持ってきていましたので、料理の写真を指差して注文するしかありません。後は、周りをみて食している料理を指差しての注文ですした。食べたのは、上記の写真です。とっても美味しかったので追加もしました。47元(約620円)でした。




▲ ここは北京から西へ2500キロも離れた乌鲁木齐市内の裏町バザール街。時間差は2時間もあります。ホテル前は漢民族がほとんどでしたが、ウイグルの民族ばかりで街の様相は全くちがっていました。
ナン等のパン類、新疆特産の唐辛子、羊肉の串焼き等々の屋台が並びます。音楽も流れて踊っているおじさん、モスクもあってここが中国とは思えない光景が続きます。準特急先輩とシルクロードならではの雰囲気を味あいました。

この日で準特急先輩と過ごした6泊7日(うち車中泊3泊)の旅は終わりです。先輩は明日朝の乌鲁木齐空港発の飛行機で北京に向かわれ帰国されます。
一方私は、車中2泊49時間30分の一人旅への始まりです。成都まで行くことは決まりましたがその後の予定は、いつものように未定です。体の調子と天気を見ながらの気ままな旅となりました。  Part9へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください