癒しの島 台湾鉄道2019年春の旅 国内編 Part 12 黒崎⇒長岡京

第9日目 3月22日

台湾から帰国後、鹿児島から始めた青春18きっぷの旅も3日目を迎えました。今日は九州黒崎から長岡京まで619.6㌔を鈍行列車で帰宅します。今まで経験した1日あたりの青春18きっぷの旅としては最長距離になります。黒崎からの前回の2018年8月は山陰本線に乗りたかったのでで宿泊しましたが今回は広島で本場広島風お好み焼きを食しての帰路です。

朝からですがビールと日本酒を購入してからの乗車でした。

① 黒崎 7:25⇒8:01 下関 8:11⇒11:18 岩国 11:23⇒12:15 広島

▲ 黒崎駅4番線に入線して来た415系下関行きです。
今日は1日かけて長岡京までの長い鈍行列車乗車の始まりです。

▲ 8:11 下関でJR西日本の「ひろしまシティ電車」として1982年に登場した115系3000番台に乗り換えです。2扉車で座席が多く快適な車内です。


▲ 11:23 3時間7分の乗車を終えて岩国「RadWing」糸崎行きに乗り換えです。
広島で下車しなくともこのまま乗車しておれば後5回の乗継で長岡京には18:49には着きますが久しぶりに広島のお好み焼きを食べたかったので降りることにしました。

▲ 12:58 駅ビル内のお好みやで食した後は乗り込む電車への時間がありましたので広電を見に行きました。新車の5200型が来ないものかと駅事務室で問い合わせましたが1時間後との返答で今回は断念しました。昼間だというのにホームには長蛇の乗客の列ができていました。インバウンドのお客も多く広電の人気が分かります。

広島駅でビールと日本酒を買い足しての飲み鉄旅続行です。

② 広島 13:35⇒14:54 糸崎 15:06⇒16:33 岡山 16:44⇒18:09 姫路
③ 姫路18:24⇒19:46 高槻 19:53⇒20:04 長岡京

▲ 14:54 広島からは再び「RadWing」に乗車して糸崎に到着しました。

▲ 15:06 入線して来たのは瀬戸内地域濃黄色の113系岡山行きです。

▲ 18:09 姫路に到着です。ここまで来れば15分ヘッドで新快速が出ています。姫路と言えばまねきの駅そばです。乗車を1本遅らせて駅そばを食してからの乗車としました。

姫路からは新快速、普通と乗り継ぎ20時過ぎに予定通り帰宅です。台湾・九州と続いた8泊9日の旅も終わりました。
青春18きっぷは3回分を使用しましたので2回分が残っています。次はどこに行こうかと思っていましたが台湾で同行させていただきました千住のヤスベーさんから長崎市電の151号・701号・1051号の引退記念の「さよならパレード運行」が3月30日にあるが当日朝に実施される車庫での見学会きっぷが1枚、余分にあります。一緒にどうですかとのお誘いが来ました。モチのロンで行かせていただきますと返答しました。

次の旅は一週間後出発と決まりました。続いて長崎からのさくら紀行を投稿させていただきます。よろしくお願い申し上げます。 2019年桜前線追っかけ旅へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください