癒しの島 台湾鉄道2019年春の旅 Part 9 鹿児島~枕崎~川内 

第7日目 3月20日

癒しの島台湾春の旅から帰国した先は鹿児島です。今回の旅は貯まっていますJALマイレージを特典航空券に交換したマイレージチケットでした。空港使用料、燃油サーチャージの12,480円は必要ですが日本発着の空港はどこでも選べます。台湾に続いて日本の早い春を見たくて九州の空港行きを探すと鹿児島だけが確保できました。

鹿児島市電は昨年3泊して全線に乗車して撮り鉄もしましたので今回はJR未乗車区間の指宿~枕崎に乗り鉄です。しかし時刻表を調べると早朝の列車はなく10:05発が始発です。


▲ 指宿枕崎線の時刻表です。50本も鹿児島駅を発車していますが枕崎まで行くのはわずか7本だけで早朝、夕刻を除くと2往復しか選べません。

▲ 6:04 指宿枕崎線の乗車には時間がありますので1年ぶりに鹿児島市電に乗って見る事にしました。宿に近い天文館前から撮りながら始めます。

▲ 6:18 鹿児島駅前です。桜島をバックに撮りたかったのですが快晴過ぎて完全逆光です。

▲ 8:23 谷山まで途中降りたりして撮りながら参りましたが朝の斜光が強すぎて綺麗な仕上がりにはなりません。やはりトラムを撮るのは建物の影が出ない薄曇りが良さそうです。

▲ 9:45 到着したキハ200系、鹿児島地区は菜の花色の車輛色です。

▲ 18きっぷは使えませんが先発する「特急 いぶすきのたまて箱」に指宿まで乗って見ても良いかなと窓口に行きましたが今日は全列車満席です。


▲ 車内だけでも見ておきたいと入ってみましたがインバウンド客も結構乗っておられます。

▲ こちらは2001年から投入されたローカル用の817系電車です。

① 鹿児島中央 10:05(1333D)⇒12:52 枕崎

▲ 133Dの運行表です。山川で運転手の交代がありました。
▲ 10:36 五位野でキハ200系の普通列車と交換です。

▲ 11:27 指宿到着です。折り返しのDCが停まっています。


▲ 11:33 山川に到着、11:46の発車まで13分間の停車です。駅前にでてみました。道路を隔てて青い海が広がっています。

▲ 11:56 日本最南端の駅、西大山に到着です。多くの観光客が撮影に待っておられました。1333Dも2分間の停車時間を設定しています。

▲ 開聞岳を見ながら耕作地帯を快走します。

▲ 12:52 終点、枕崎に到着です。駅横にスーパーがありましたのでビールと日本酒を仕入れて帰りの飲み鉄旅としました。

▲ 帰路は車窓に見える桜島をアテにしてお酒を飲みながらでした。

② 枕崎 13:18⇒15:49 鹿児島中央
③ 鹿児島中央 16:30⇒17:30 川内

▲ 16:30 明日はオレンジ鉄道に乗車したいと川内(せんだい)に向かいました。

▲ 予約したビジネスホテル天徳は川内駅から徒歩30分弱、宿泊者は私一人だけでお好きなようにお使いくださいと愛想の良い対応でしたが風呂トイレとも共同です。宿泊料は2,900円と超格安ですので仕方ないかと割り切りました。 Part 10へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください