呉線急行-音戸、ななうら、安芸など

呉線区間列車に続き、呉線通しの急行・普通・貨物列車です。
1966年5月3日の夜は坂駅でステーションホテル。翌5月4日。空がまだ明けやらぬ内から、坂駅で撮影開始。先ず音戸が通過。
▼(左)下り301レ急行『音戸』、機C6215【広転】 5:34頃。(右)上り622レ     12728
12728

少し明るくなってきて、622レの出発。
▼上り622レ、5:36発糸崎行き、機C6214【糸】                   12730
12730

自炊の朝食をそこそこに、小屋浦方面の海岸に向かう。二等車が見える『ななうら』接近。
▼下り311レ急行『ななうら』 機D51262【糸】、、6:30頃、坂-小屋浦間    12733
12733そして『安芸』。
▼下り25レ急行客『安芸』、機C62     坂-小屋浦間                         C2720
C2720前日撮影の上り『安芸』も(ピントが甘いが)。
▼上り急行26レ『安芸』、機C6246【下】、安芸川尻-仁方間、1966.05.03        C2706
C27062

▼下り621レ 機C6240【糸】 坂-小屋浦間                    C2715
C2715以下は前日5月3日の撮影です。
▼下り貨物673レ 機D51441【糸】、、安芸川尻-仁方間、1966.05.03       C2702
C2702

最後に、1966年5月3日、一晩お世話になった坂駅の様子。
懐かしいスタイルの駅に、大型蒸機がよく似合う。左がステーションホテルとしてお世話になった『宿舎』。
▼下り628レ、18:32発糸崎行き、機C6216【糸】 66.05.03            12714
12714停車中の貨物675レ、21:55発、機D51441【糸】              12723
12723

 

2 thoughts on “呉線急行-音戸、ななうら、安芸など

  1. 1966年 3月 6歳の私は父の転勤で広島から愛知の豊橋に移りました。
    そのとき乗ったのが急行「ななうら」  半世紀以上たった今も鮮明に覚えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください