井原鉄道 乗り放題

今年最後の投稿はまたしても新聞ネタとなりました。新年1月8日(日)は井原鉄道が全線500円で乗り放題となるそうです。神辺・総社間は通常1100円ですから お得なことは間違いないようです。開業記念日が1月11日なのですが、来年は11日が平日のため8日に繰り上げたのでしょう。

平成28年12月31日 中国新聞朝刊

乗り放題といえば 今年は広電の1日乗車券(600円)に大変お世話になった年でした。鉄道各社でいろいろな乗り放題切符やワンデーパスが発売されていますので、利用される方も多いと思います。私は大津での江若イベントの合間に 近江鉄道のフリー切符(550円)で貴生川から彦根まで途中下車を繰り返しながら1日を楽しんだことを思い出します。

今年1年 三江線をはじめローカルニュース、新聞ネタでお騒がせ致しましたが、来年もよろしくおつきあい下さい。ありがとうございました。皆さま良いお年を!

 

2 thoughts on “井原鉄道 乗り放題

  1. 西村様
    井原鉄道の乗り放題きっぷ、期間限定とはいえワンコインとはお値打ちですね。お書きの近江鉄道のフリーきっぷも、設定時は500円でした。使った時に、降車時に見ると、前も後も、この切符でした。相当売れたと思いますが、乗車人員は間違いなく増えたものの、運賃収入はどうだったのでしょうか。結局、休止や値上げを繰り返し、いまは880円ですね。
    このように、フリーきっぷは、改廃が結構行われており、前に確かあったはず、と思ってももう無くなっているケースがあって、チェックが欠かせません。
    西村さんの地元を中心とした鉄道への関心や探究心、この1年、本欄で読ませていただきました。「鮒に始まり鮒に終わる」と言うように、鉄道趣味の原点は地元にあり、を痛感した一年でした。

    • 総本家青信号特派員様
      いつもあたたかいコメントをありがとうございます。新年も引き続き地元を大切にしながら地道な活動を続けてゆきたいと思っていますので よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください