2016年 西方見聞録 Part24 ゴッタルゴ峠を撮る④

第10日目 9月27日

今日は終日Cで撮った後明日のウクライナ行きに備えてチューリッヒ空港近くのホテルに移動します。ゴッタルゴ峠の撮影場所は前日までとは違ってループの真ん中で撮ることにしましたが午前中はチュウリッヒ側のエルストフェルト駅近くまで下りて狙うことにしました。ゲシェネンからは約19㌔の下山です。
▲ 10:19 撮影地① Google座標; 46.804670, 8.665620
最初に来たのはイタリア方面行のRe420-269-3が牽引するタンク車編成の貨物列車です。

Re420型電気機関車 】
戦後増大して来た鉄道輸送に対して輸送力不足となり1964年に新たな次世代本線用として設計され試作機が登場した交流電気機関車。軸配置Bo’Bo’、定格出力は4650kW、1969年から量産機が生産開始されて1985年まで276機が製造されています。

▲ 10:27 続いてはRe420-11245号機が牽引する8両編成のIR2315の客車列車です。

▲ 10:35 下りてきたのはRe420-11181号機牽引の7両編成のIR2418の客車列車です。
ローカル列車は7~10両編成で運行されいます。

▲ 11:15 ドイツ国鉄DBのTRAXX185-114-6+185-105-4の重連が牽引する30数量のコンテナ列車です。重いのか後補機として185-103-9号機が付いていました。

初期185型は出力4200kwでしたが後期型は5600kwに増強され、総計400両が製造されました。
▲ 11:15 RABDe 500形のユーロスター、Logano行きのICN865です。

▲ 11:18 初めは電気機関車の回送かと見ましたがガラス窓です、台車も4軸ボギー車ですので拡大してみますと、車体側面に記載されている”Infrastrukturdiagnose”は診断、計測の意味と分かりました。日本JRでいえば「クモヤ」です。SBBにもあるのですね。滅多に撮れない車両が撮れました。

▲ 11:31 ユーロスター、IRローカル客車列車が通過した後に待っていた貨物がやってきました。ゴッタルゴ峠越えの定番、Re420形-11288号機とRe620形-11632号機の重連が牽引するタンク列車です。

▲ 11:39 続いては、ボンバルディア製TRAXXシリーズの187形008号機と486形501号機の重連が牽引するコンテナ列車です。DB187形は2011年以降に製造された最新電気機関車で、車体長18,900㎜と長い車体ですが軸配置はBo’Boで定格出力は5600kwです。一方486形は2006年製造で定格出力は5600kwです。

▲ 11:42 Re420形326号機+Re620形672号機+Re620形663号機+Re420形324号機がやってきましたが牽引する貨車はなく回送です。

この後ユーロスターを撮ってから山の上へと移動しました。


12:52 撮影地②
Google座標; 46.705131, 8.596414
ゲシェネンからRe421形388号機が単機で下りてきました。回送のようです。

▼ ループのLeggisteinトンネルを回って下の路線に出てきます。
走っている地点には上下の渡り線が設置してあります。何か事故が発生した時の用意なのでしょうか。
▲ 13:00 振り子式高速電車RABDe 500形のユーロスターが上がってきました。

▲ 13:17 Re420形機の牽引するICローカル列車もトンネルに入って下りて出てきました。2両目はパノラマ式の1等車が組み込まれています。ループ線走行を満喫できるでしょうね。

▲ 13:38 Re620形679号機+Re420形の定番重連が様々なコンテナを積載しての長大編成のコンテナ列車を牽引して上ってきました。後補機は付いていません。

▲ 13:45 次はRe420-197号機牽引の7両編成のIR客車列車です。1等パノラマカーは5号車でした。

▲ 14:01 TRAXX185重連も長大編成の大型有蓋車編成を牽引して下っていきました。

▲ 14:14 反対に上がって来た同じTRAXX185重連(118+119)もコンテナ車1両とカバー付きの無蓋車編成を牽引してきました。

▲ 14:28 RABDe 500形のユーロスターは軽やかに上がってきます。

▲ 14:36 また来ましたTRAXX185重連(096+107)は有蓋車の30数両の長大編成です。

▲ 14:52 Re4605-017号機”Pink Panther”牽引の白いコンテナ列車が下っていきます。白いコンテナの積荷はいったい何なのでしょうか? 確かかつて日本にあった白いコンテナは冷蔵コンテナでしたが・・。

▲ 14:57 RABDe 500形のユーロスタです。

▲ 15:02 ボンバルディア製TRAXXシリーズの187形187-006を先頭に重連のコンテナ貨物列車です。こんなに様々な貨物が来るとは知りませんでした。さすがヨーロッパです。国を超えて各国の貨物列車が行きかいます。

この後3本ほどを撮って引き上げとしました。宿泊ホテルはチュ-リッヒ空港近くの ibis budget Zurich Airportです。ここからは約120㌔ほどの道のりです。 Part25へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください