【103186】 四条を通って祇園へ ~昭和の初詣風景~ 〈上〉

昨日は、四条通を歩いて、八坂神社へ初詣に出掛けました。昭和の時代、地上の京阪四条駅から、歩道にあふれそうな人並みが、祇園までずっと続いていたことを、ふと思い出しました。四条通りには、昭和47年まで市電が走っていましたし、祇園まで行けば、市電外周線の初詣風景は、昭和53年まで見られたものです。京阪も地下に潜ってから32年が経ち、いま見る当たり前の光景が、ずっと昔から続いているような錯覚に陥ります。京阪、市電が走っていた時代は、私の感覚からしても、はるか遠い過去の思い出になってしまいました。
ちょうど再来週から、四条通の「西利」で開催される、わがクローバー会の写真展でも、四条通の市電を特集して、会員の撮った懐かしい写真を展示することにしました。「京阪特急10分ごと」の横断幕が目に入る京阪四条駅の三条方面乗り場、つぎつぎ到着する電車から吐き出された乗客は、四条通りを埋めるようにして、祇園方面に向かっていった(昭和57年)。

京阪の正月三が日ダイヤ(昼間)は昭和40年前後から、特急、急行、普通が10分ヘッドで運転されるようになっている。大阪方面ホームから望遠レンズを通して見ると、まるで四条通が、すべて人で埋まっているようだ。この時代四条通に遮断機はなく、警手の笛だけで電車を通していたのだから、今から考えられないような安全対策だった。大阪方面行き乗り場に到着した特急を見る。現在でこそ、特急10分ヘッドだが、15分ヘッドが基本の時代、10分ヘッドは正月ならでは。もちろん、七条のつぎは京橋の時代、急行に比べると、車内は比較的余裕があった印象だ。大阪行き乗り場は、地下工事で、この昭和57年から四条通の南に移転するから、この光景が見られたのは、最後の正月となった。特急10分ヘッドによって、3000系全9編成では足りず、あと2編成は3扉車が「代用特急」に就いた。ここで登場したのが、元特急車1900系の晴れ姿だった。鳩マークも凜々しく特急運用に就くシーンは、正月の京阪名物でもあった。前記のように大阪方面行きホームは、南側に移設されて、地下化される5年間の間は対向式ホームになった。この時代、晴れ着の女性や、破魔矢の縁起ものも多かった。30年以上が経ったいま、正月風景も様変わりしたことを改めて思う。

7 thoughts on “ 四条を通って祇園へ ~昭和の初詣風景~ 〈上〉

  1. 総本家青信号特派員さま 米手作市さま
    懐かしい風景ですね。あの頃は電車が着くと確かにこんな戦場さながらの情景が見られたものでした。正月風景の様変わりの話がありましたが、その感を深くしますね。小さい頃は父から八坂神社へおけら火を貰いに家族で行ったという話を聞きましたし、家族揃っての初詣が当たりまえだったようですが、鴨東線開通の頃には終夜運転の乗客はその殆どが若い人たちで一杯で、何かレジャーに出かけるようにも見えました。それが今では着物姿の外国の人たちですか。喜んでいいのか悲しんでいいのか、否応なく時代の流れを感じますね。写真の頃の三が日はどの電車も満員でしたが、今年の元日に特急に乗って輸送状況を見たところ、随分と少なくなっているように見受けられました。たまたまのことかもしれませんが、あのように晴れて暖かい初詣日和の元日は、経験上10年に一度あるかなしか位の上天気だったのにです。例年元日は2日・3日にくらべるとやや少ないのですが、それ以上だったように思えました。
    1900系代用特急にはもう臨の円板が付いていませんね。いつの頃からか臨特とは言わなくなりましたが、これは通勤車による代用特急は乗客が避ける傾向があるため、中々乗ってくれないと聞いたこともあり、比較的空いていたので臨時と言わなくなったようです。

    • 1900生さんに質問
      昔は大晦日の“おけら火”を持って市電に乗れたのですが、京阪にも乗れたのでしょうか?そして現在は?

      • 米手作市さま
        地下に潜るまでは乗れたと聞いています。やはり地下に入るということで禁止になったようです。後日仕事の関係で八坂さんへ行った際に、宮司さんから禁止した理由を問われ、思わず消防からの要請でとその場をとり繕ったのですが、敵もさるもの、米手さま並みに「阪急はOKなのに」と追撃されて慌てたことがありました。

          • 米手作市さま
            申し訳ありませんがちょっとそこまでは。阪急はマルーンさま、市バスは交通局へお尋ね下さい。

          • 米手作市さま
            申し訳ございませんがちょっとそこまでは。阪急はマルーンさまに、市バスは交通局へお尋ね下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください