2019年 津軽雪飛ばしツアー Part2 津軽鉄道に乗る、撮る その1

第2日目 2月16日 その1

朝は6時前に、目覚めました。昨夜雪が舞っていましたので期待してすぐにカーテンを開けて外を見ましたが屋根は真っ白ながら積雪はわずかなようで期待は外れました。

▲ まだ暗いホテル前に出てみましたが薄っすらと積雪はあったようですが豪快な雪飛ばしを期待できる状態ではありません。空もどんよりした黒い雲が覆っています。1番列車に乗って撮影地に向かおうと思っていましたが気持ちは萎えてしまいました。

今日、同乗させていただくW田さんは伊丹7:30発のJAL便で9:00に青森に着かれる予定です。レンタカーを借りられてこちらに着かれるのは10:00以降11:00近くにはなります。ゆっくりしてから向かえば良いかなと思い部屋に戻って昨夜コンビニで買っておいたおにぎりを食べながらの朝食としました。


▲ 津軽鉄道の時刻表です。☆印がストーブ列車、午後からはDL牽引で運用されます。 ※ 津軽鉄道公式HPからの転載です。

▲ 7:05 津軽鉄道五所川原駅ホームに着きました。以前、大雪の時は屋根のあるホームにも積雪がありましたが除雪が出来ています。W田さんから乗務員の方にラッセルした場合どこが一番飛ぶのか聞いておいて欲しいとメールが来ましたのでお聞きしますと五農高校前から十川が吹き溜まりがあるので一番かなとの返答です。

① 五所川原7:08⇒7:13五農高校前

2番列車に乗車しましたが乗客は私一人です。今日は土曜日ですので高校は休みです、通学生の乗車もありません。
▲ 五所川原を出ますとしばらく住宅街を行きます。積雪は昨日と変わらない状態です。

▲ 7:14 五農高校前で下車して列車を見送りました。今日の日の出時刻は6:32、空はかすかに紅がかった淡い褐色になっていました。

▲ 7:46 五所川原行きの2番列車が来ました。乗降客は誰もいない発車を見送ります。

▲ 8:15 中里寄りの踏切に移動して中里行き列車の入線を撮ります。ようやくこの列車で通学生5人が降りて高校に向かわれました。

▲ 8:17 次の津軽飯詰へ向かって行きます。

▲ 9:00 五所川原行きの列車の到着です。駅舎からホームへの階段通路は風雪除けの囲いが設置してあります。地吹雪の郷ならではの設備です。

やはり、足がないと撮影地移動は無理です。また、ここでの撮影に飽きてきましたので、W田さんが来られてから本格的に動こうと決めこの列車に乗って引き上げです。▲ 9:01 運転手が薦めてくれたラッセルの雪飛ばしが多い辺りを走行します。ただ道はなく撮影は難しそうなようです。

◀ 9:06 五所川原に戻りました。W田さんからも無事青森空港に到着したとのメールが入りましたので、駅で待つ事にしました。

 

 

▲ 9:35発のDC牽引のストーブ列車が薄日が差してきた中、発車していきました。
Part 3 へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください