Summer Memories 2020 《8月同日》 あの頃あの鉄道④

2007年8月4日   阪急十三駅のホームから淀川花火を撮ってみた。

夏の風物詩“花火”も、今年はほぼ中止のようです。私は暑いのと人出が苦手で、花火見物に行ったことがありませんでした。ただ一度だけ、阪急電車との組み合わせを求めて、淀川花火大会へ行ったことがありました。最初は川沿いへ行こうと思っていましたが、すごい人出に恐れをなして、十三の駅で撮ることにしました。淀川から見るよりは、距離もあって、邪魔も入りますが、ある時代の阪急電車としては、これはこれで記録になりました。この淀川花火大開も、今年は中止です。

十三のホームを歩き回って、神戸線の梅田行きホームの神戸方がいちばん撮りやすいことが分かった。珍しく三脚をセットして、停車中の電車と絡めて、バルブ撮影を始めた。

 

花火だけでも一番いいタイミングを撮るのも難しいが、電車と絡めるのは、さらに難しい。停車中といっても乗降のある間は、電車が揺れるので、乗降が終わって電車が静止した数秒間しかチャンスはない。それに花火を一致させるのは、運しかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう十年も前になるから、電車にも変化があるだろう。十三の街も右側の“しょんべん横丁”で大火があった。

京都線ホームにも行ってみた。だいたい十三で京都線の上下が行き交うから、2

編成とボリューム感が出る。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください