Summer Memories 2020 《8月同日》 あの頃あの鉄道③

2018年8月3日 空気の澄んだ日、京都タワーから撮ってみた

京都の夏は、最高に暑くて、地上が熱せられると上昇気流が起こり、“かげろう”ができて、どうしても見通しが利きません。ただ、時には、空気が澄んで、遠くまで見通しが利く時があります。こんな日を狙って、京都タワーの展望台に上りました。目的は、その時に進めていた鉄道誌の扉写真として、京都の街並みのなかに奈良線の103系を入れて写すことでした。まだ103系は何編成かが残っていて、難なく撮ることができました。せっかくの恵まれた条件で、所期の目的だけでは勿体ないと、夕方までネバって写しました。

陽が傾き始めた頃、西を見ると、新幹線の高架がずっと伸びている。さすがに、夏なので、金色に輝くことはないが、それでも、交換する上下の編成が、輝き始めた。

奈良線103系と新幹線との出逢い。この組み合わせは今でも撮影できる。

 

奈良線の103系は、もうダメかと思われていたが、いまも2編成が残っていると言う。先ごろ引退した700系もまだ活躍が見られた。(以上2018年8月3日 デジタルで撮影)

2 thoughts on “ Summer Memories 2020 《8月同日》 あの頃あの鉄道③

  1.  奈良線の103系まだ残っているんですね。高いとこからの見る103系と新幹線、いい眺めです。鳥になった気分のついでに大阪城公園駅を高いとこから撮ったのをご覧にいれます。半月ほど前に、近くのホテルの最上階チャペルから見えた画像です。梅雨空のもとJR森ノ宮電車区と大阪メトロ森之宮検車場が一望できます。ちょうど221系の大和路快速が大阪城公園駅を発車しました。今春、大和路快速の221系はすべて8輌編成になり、大阪環状線を走る他の形式と乗車位置が揃いました。でも環状線がすべて三扉車それもクロスシート車も混じるなんて大阪も人が減ったもんです。

    • 大阪通信員さま
      最新の写真を見せていただき、ありがとうございます。通信員さんの様子は、米手さんからも聞かせてもらっていますが、今も元気に撮影を続けておられること改めて敬意を表します。ホテル最上階のチャペルからと言いますと、何かおめでたいことでもあったのでしょうか。ここから見ると、大阪の街が一望ですね。初めて知りました。なんでも、ふたつの大学が合併して、この当たりに引っ越してくるとか、電車の乗客は少なくなっても、街は変わり続けているのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください