2021年春 桜前線追っかけ旅 Part3 嵐電を撮る

京都にも桜前線がやってきました。3月26日、DRFC-OB会では緊急事態宣言解除後最初のイベントとして嵐電の桜の撮影と沿線の社寺の拝観をするツアーが開催されましたので行ってまいりました。このご報告をさせていただきます。
長良川鉄道はまだ満開に至っていないようなのでこの次とさせていただきます。
集合は四条大宮駅に13:00、参加者は7名と少なめですが3蜜回避にはちょうど良いかなとの会長さんからのご挨拶でした。肝心の天候は一面の青空です。
13:04発の嵐山行に乗車しました。帷子ノ辻で北野線に乗り換えて、宇多野を目指します。宇多野~清滝の桜のトンネルが第一撮影地です。

▲ 2008年4月13日の撮影です。狙いは桜吹雪でしたが、強風が吹いて吹雪になっている時には電車が来ません。この日は半日粘りましたが気に入るカットは撮れませんでした。この撮影場所は帷子ノ辻寄りの勝手踏切のような場所で正面から撮影できましたがこの後安全性に問題があったのか閉鎖廃止されました。

▲ 13:49 清滝駅寄りの警報・遮断機付きの踏切での撮影に切り替えます。
▲ 運行間隔は10分ヘッドですので上下ですと5分に1本が通過します。順光に恵まれてまずまずのカットが撮れました。次の撮影地は御室仁和寺駅です。

▲  14:23 御室仁和寺駅には仁和寺の桜が移植されています。仁和寺の桜は樹高が低く花びらはピンク色をしている特徴を持っています。
その後に拝観観光しようかと仁和寺に参りましたが例年通り仁和寺の桜の満開は遅くまだまだです。一応ここで今日のツアーは解散となりました。しかし私のほうは折角の好天を無駄にしたくはありません。この線を熟知されている会長さんに案内をお願いして撮影続行です。
▲ 14:59 再び桜のトンネルを抜けて嵐山本線へと向かいます。
▲ 15:24 嵐電天神川駅で降りて桜の木を探します。すぐの専用軌道への分岐点に満開の桜がありました。
▲  15:34 猿田彦神社には桜はありませんが会長より緑の木々が美しいとのご推薦で撮影です。
▲ 15:41 専用軌道沿いを歩きながら撮影ポイントを探します。
▲ 15:43 庚申前バス停付近からは併用軌道に戻ります。
▲  15:54 山之内電停の安全地帯は幅約60cmと非常に狭い。電車にもステップがないので飛び降りる感じです。当然足に障害がある高齢者は乗り降り不可能です。
この電停はご覧のように電車が止まっている間は道路は赤信号となって停車を強いられています。当然ですが不便ですね。

▲ 16:04 専用軌道を歩きますが桜はごくごく一部しかありません。
▲ 16:23 山之内~西大路三条 白いマンション前に桜が満開でした。旧家をありましたので電車を待ちました。
随分と歩いて喉が渇いてきたので撮影場所近くにあった和食NOWジョイ西大路三条店で一服です。生中が喉を潤してくれました。会長さんと竹中さん、野津さんはここで離脱です。ここから四条大宮までは独りぼっちの撮影となりました。

▲ 17:10 西院到着、ここで体調不良に陥りました。日頃の移動は車か電チャリです。こんなに歩いたことは最近ありません。足が筋肉痛になって歩くのは苦痛状態になりました。徒歩数は10,000歩余りで大したことはありません。日ごろのトレーニング不足のようです。 ▲ 17:37 それで後一駅と、足を引きずりながら線路沿いを歩きながら終点を目指しました。西院~四条大宮で桜が咲いている場所は往路で見つけておりましたのですが来てみると残念ながら足場がありません。
四条大宮についた時は17:43になっていました。昨日からプロ野球が開幕しています。早く帰宅してテレビ観戦をしたいと家路を急ぎました。 Part 4 へ続く

3 thoughts on “2021年春 桜前線追っかけ旅 Part3 嵐電を撮る

  1. ぶんしゅう様
     本当に良い天気になり何よりでしたね!参加できず残念でした。
     その後足の方は大丈夫ですか? 四条大宮までよく歩かれましたね!💮 お大事に!
     お陰様で都の春を楽しませて頂きました。有り難うございました。
    それにしても大通りの電停は、今の時代は怖いものがありますね。

    • 痛めた足はかかりつけの医者からのケトプロフェンテープなろものを貼って治療しますと4日間で完治しました。でも10,000歩程度で痛くなるなんて劣化が進んでいるようです。
      頑張らねばと今日は長良川鉄道に来ております。泊まりは道の駅『三並』車中泊です。今日も名湯温泉に行きましたので後ほどご紹介させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください