昭和の電車 改訂版(195)ー富士急モハ5000型ー

藤本哲男さんからお叱りを受けました!
2013年に5000型新製時の写真と解説が載っていました。ゴメンナサイ!

富士山麓電鉄モハ603→富士急行モハ3604

8 thoughts on “昭和の電車 改訂版(195)ー富士急モハ5000型ー

  1. 2019年に廃車された。撮影は2014年11月21日で定番の三つ峠-寿間の大月行き。

  2. 準特急さん
    名鉄に続き富士急も不人気らしく、反応無く寂しい限りでしたが、おかげさまでナンとか格好がつきました。
    それにしてもどちらも国鉄顔ですな。
    ついでながら「富士急」は、名前が変わったそうですね。五合目までの登山電車の権利を狙っているのでしょうか?

  3. 米手作市様
    富士急は社長が5合目まで鉄道を持ってくるという話は聞いたことがありますが、権利を持っているかどうかはわかりません。私もデジ青不人気番組に登場することが多いのはつらいところですが、関西人の関先生が日本全国の電車を見事に描き説明されており、米手作市さんがこれまた見事な司会をされているのでノーコメントでは寂しいし申し訳ないような気持ちになります。とは言っても何型がどうのこうのということはよくわかっておりませんのでせめて同じ番号や形式の写真を撮っておれば脇役として登場させてもらっているのが実情です。そういう意味では若い方がコメントで写真付き投稿をされているのはうれしいです。富士急の名前変更はよく知りません。松本電鉄や岳南鉄道が変わったのは聞いたことがあります。

    • 準特急さん
      いつも助けていただき、ありがとうございます。
      貴兄の写真量・質の厚さにはつくづく感心しています。
      私は関先生の描く電車に関連する写真を退蔵する会員のアルバムを公開できたら、と思いつつ連載を続けているのです。人目につかず古いアルバムに閉じ込められた写真があれば、ぜひとも見せて貰いたいと思っています。
      「富士急」は「富士山麓電鉄」とかにかわるそうですよ。

      • 米手作市様
        富士山麓鉄道が富士急の昔の社名であることは知っておりましたが、今流行の富士急HD(ホールディング)にして、その下に鉄道を分社化して新たに富士山麓鉄電鉄を名乗らせるのではないでしょうか。私は個人的には山麓電鉄よりも富士急の名前がずっと使われるような気がしています。(小林旭の「昔の名前で出ています」というのがありましね)「富士山麓にオーム鳴く」というのもありました。

  4. 2014年3月の撮影です。地方私鉄も乗客減でゆとりがないのか、かつての意欲的な自社発注車が引退していき、首都圏で勢力を誇った車両に置き換わっていくのは寂しいことと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください