五十年前に見た 当たり前の風景  -12-

梅小路に集まった蒸機18両

50年前の京都で、もうひとつ忘れられない出来事がありました。梅小路機関区で、昭和46年11月24日に、国鉄百年の記念映画「蒸気機関車-その百年」のファーストシーンの撮影が行われ、全形式の現役蒸機18両が、一時的に梅小路へ有火または無火で回送、集められたのです。翌昭和47年10月には、梅小路蒸気機関車館が開館し、再び保存・動態蒸機が集められます。そのメンバーと重複する蒸機もありますが、あくまで現役のため、異なる蒸機も集められました。

以前に本欄で、このことを掲載したところ、「立ち入り禁止で写せなかった。うらやましい」とか、「極秘に進められたのに、どうやって知ったんや」とか、いろいろな意見をもらいました。実は、どう情報を知り得たのか、全く記憶に残っていませんでしたが、最近、片付けのなかで当時の日記が見つかり、日々の動きがよく分かりました。情報の入手先は、ふたつあって、ひとつは、M模型へ行った時に「もうじき梅小路に蒸機が来るらしいで」と店主から聞かせてもらったこと。そして、決定的だったのは、同年11月18日に、国鉄に就職された、2年先輩のGさんが、午前にBOXへ来訪されて、「梅小路にC622が来とるぞ」と知らせてもらったことでした。“それっ”と午後に、数人で梅小路に出かけました。この時はカメラの持参はなく、見ただけで終わっていますが、C622をはじめ、9633、C551、C59164、D612が来ていて、日記には、「一回で小樽築港、旭川、糸崎へ来た気分」と書かれています。その翌日、10時に改めて十数人で梅小路に集結、平日午前のため、小中学生も見られず、自由に撮影できたのでした。授業は、どうしたんやと聞かれそうですが、学校は、学費値上げに端を発した紛争が再度起こって、キャンパスは校舎が封鎖中、授業に行きたくても行けず、のびのびと撮影に専念できたのでした。これも、50年前らしい背景でした。

梅小路で再会したC62 2、函館本線で見たのは、この3ヵ月前だった。まさか、京都で見られるとは、夢を見ているようだった。撮影した午前は光線もバッチリ、ロッドも下りて、撮影に良好な状態だった。下の表を見ると、11月16日に到着、撮影後、ただちに返却されているので、梅小路にいたのは8日間だけだった。

手前から、留萌から来たD61 2、C62 2、48635  C11と8620は梅小路配置の蒸機が使われた。C59 164、C58 80、C59は糸崎で廃車後、蒸気機関車館に保存予定のため、暫定的に奈良区に配置されていた。C58 80は龍華区から。梅小路は、まだ現業の区のため、DCに混じっての勢ぞろいとなった。

庫に休むD50 140、同機も蒸気機関車館に保存予定のため、若松区には返却せず、そのまま梅小路に留め置かれた。

機関区の職員もC62 2に感激の様子、記念撮影やナンバー磨きに余念がなかった。

EPSON MFP image

「鉄道ファン」掲載の梅小路区映画撮影用蒸機の回送手配一覧。C622は、東北本線、東海道本線で貨物併結で回送されたため、深夜の新宿でC62 2の目撃談が寄せられた。撮影後は、一部の留め置き機を除いて、元の区へ戻って行った。

 五十年前に見た 当たり前の風景  -12-」への2件のフィードバック

  1. 50年前に総本家様が入手された情報源を拝見し、人とのつながりの重要性を改めて認識しました。ネットで情報が飛び交う現在とは異なり、人から教わった生の情報は貴重なものでしたね。
    私はよく一緒に撮影に出かけていた友人に教わったのですが、通勤で山陰線を利用する別のクラスメートのお父さんからの情報でした。
    当時の梅小路は見学が禁止されていて、正面から行っても入れてもらえないと考え、深夜と早朝なら何とかなると思いつきました。いわゆる無断進入というやつです。撮影に夢中で、見つかったらどうしようかとドキドキしながら、大急ぎで写したものです。職員の姿を見ましたが、叱られることもなく黙認してくれたようです。
    恵まれた光線状態で撮影された総本家様たちを、羨ましくないと言えばウソになりますが、今はアノ場所に入れた幸せをしみじみと感じております。
    昭和46年11月26日の早朝、梅小路の扇形庫でC61 2・C62 2・C59 164の並ぶ夢のようなシーンに感激しました。

    • 夢のようなシーンですね。「鉄道ファン」などを見ると、11月24日に報道公開が行われて、映画撮影もその前後にあったようですから、全機揃った最高の状態ですね。私は11月19日に撮影したあと、「続々と来ている」と聞きながら、撮影には行っていませんので、C612などは見ずじまいでした。おっしゃるように、人からの情報話が100%の時代の夢のような出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

広告 Ads