2014年 遥かなる東欧の旅 Part33 バルカン諸国一人旅 イスタンプールのトラムとメトロ

第16日目 3月2日 その1
① ベヤズット・カバルチャルシュ13:54(Tram)→14:05エミノニュ
② エミノニュ15:36(Tram)→15:47カダタシュ16:00(フニキュレル)→16:02タクスィム
③ シシハーネ16:43(Metro)→16:46Halic16:52→16:55イェニカブ
④ イェニカブ17:17(Marmaray)→17:23ユスキュダル17:33(フェリー)→17:45エミノニュ
⑤ エミノニュ18:46(Tram)→18:55スルタンアフメット

宿泊していますホテルの朝食タイムは遅いので旧、雨上がりの朝の旧市街をカメラを持って散歩に出かけました。

04▲ 7:32 トラムが走る通りの両側には歴史的な建造物が続いています。昼頃からは観光客で混み合いますがこの時間はパラパラです。トラムも快調に飛ばしていきました。

05▲ 8:02 朝食が終わってからは、コーヒーを持って屋上へ連日通います。屋上からはマルマラ海を挟んでアジア側も俯瞰できます。今日はどこへ行こうかなと考えるのはいつもここでした。
今日は日曜日で道路が空いているようなので、旧市街でトラムを撮ってから、午後に新市街に出かける事にしました。

▼ トラムはテーマパークの中を走っているようでもあります。たくさん撮りましたので1部を掲載します。
0607081013▲ 10:04 撮影後は一旦ホテルに戻って、明日帰国する準備で荷物整理です。

15_2▲ 土産でも買おうかと小さな店が無数にあるというグランドバザールに行って見ましたが、日曜日は休みでした。お客が一番来客される日ですのになぜなんでしょうか。役所みたいな所ですね。

仕方なく港まで下りてエジプシャンバザールに参りました。
15_3▲ 14:22 お買い物後、オープンレストランでのちょっと豪華な昼食です。これで約600円ですからお得です。

15_4▲ 15:15 食後はブラブラと街を歩きながらお店を覗いて楽しみましたが、時々通り雨がやってきます。

1617▲ 16:08 新市街のスタルジックトラムを昼間に撮ってみたかったので来て見ましたが、ウインドウショッピングの皆さんで1.6キロの繁華街は人一杯です。

19 18▲ 16:50 今日はテュネルに乗らずMetroのM2号線を使って金角湾にかかる橋ゴールデンホーンメトロ橋の真ん中にあるHalic駅に参りました。
タクスィム~シシハーネに急勾配区間があることから新たに開通した区間にはロテム製の専用車両が使用されています。イスタンプールメトロ以外のトルコ鉄道でもロテム製は大人気で新車の大半を占めています。商売が上手いのですね。

37▲ ガラタ橋から見た斜張橋金角湾メトロ橋です。橋は鉄道橋ですが両側には歩道橋が併設されていて両岸から乗車できるようになっています。全長は936m、2014年2月15日に完成開業しています。まだ2週間余りしか経っていないピカピカ橋です。
ゴールデンホーンメトロ橋」の公式HPかこちらです。 http://halicmetrokoprusu.com/
開業ニュースはこちらです。

25

38▲ 16:55 Marmarayとの併用駅イェニカブに到着しましたが、乗換には一旦トラムの出札して、再度Marmarayの改札をしなければ入場できません。駅は大きなドームになっていて開業真新しいためなのか警備が厳しく、撮っていたら公安が寄ってきて禁止と言われました。早々に退却です。

20 212417:07 行って見たかったのは隣接する国鉄イェニカブ駅です。使われていた状態そのままに休止されています。
M2メトロ線は国鉄線のルートに延長されるようになっていますので、この休止路線を途中からでも改良して使用するのでしょうか?
それとも、アンカラからの高速鉄道はイスタンプールから西へと延伸されます。鉄道線はこちらに充当されるのでしょうか?
ただ、MetroM2なら第3軌道集電ですので大幅な改造が必要です。駅舎やホームも新たに建築が必要とされるでしょうね。

▼ ホームにはまだ近郊電車(HalkagLineの路線図が掲示されたままになっていました。
海岸線に沿って走っています。撮影場所は結構あったでしょうね。
22
2926▲ 17:17 Marmarayイェニカブ駅に戻りアジア側のユスキュダル駅を見てみる事にしました。乗車して向かいます。

17:23 ユスキュダルに到着。
こちらは地下駅で、上に上がりますとすっかり晴れあがった西の空に夕日が沈もうとしていました。

自然が演出する光景に見とれました。丁度、目に前に出港しようとするフェリーがありましたので行先も確かめず乗船してしまいました。

30 30_117:33 乗船したフェリーは、直ぐにユスキュダルを出港しました。
行先が分からずとも外洋船ではありませんのでイスタンプールのどこかに着船するだろう。そこからまた同じフェリーに乗れば少なくともユスキュダルには戻れるだろうとの楽観論の元、夕陽を受けての船旅を楽しみました。

33▲ 17:45 船旅はわずか12分で終わりました。着いたのは出港時には見えていなかったのですが、運良くガラタ橋の袂のエミノニュです。メトロは早いですが車窓がなく、乗って楽しめません。船旅は遅いですがゆっくりと景色を堪能できます。イスタンプールは希望によってどちらでも選択できますので気に入りました。

34▲ 17:53 ガラタ橋を渡るトラム。橋の両側欄干では大勢の地元民が釣りを楽しんでおられました。見ている間でも釣り上げておられる方がおられましたので、魚影は濃いようです。
そして、ちゃっかりとパン売りにおじさんも商売中です。
3934_1

35▲ 18:10 直ぐに夕闇が訪れてきました。ライトアップされたイェニ・ジャーミィをバックにガラタ橋を渡るトラムです。

36▲ 18:56 ホテル近くのスルタンアフメットに戻ってきました。しばらく夜のトラムを撮り続けました。

erisim_2200px_1546px

▲ 今日乗車した区間です。今日はイスタンプール宿泊最終日です。庶民食堂で夕食後はビールを買い込み、一人乾杯で飲み続けました。 Part34へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください