「江若鉄道の思い出」展直前情報

2015-03-03 16.09.547日から大津市歴史博物館で開催される「江若鉄道の思い出」展は、本日ジオラマの組み立てもほぼ終わり、土曜日からの開催を待つばかりとなりました。総本家様も書かれているように京都駅地下東口を少し北に行った、ザ・キューブに行く通路近くに大きな電照看板があり、ここに「江若鉄道の思い出」展が掲示されています。また、大津市内の自治会の掲示板にはポスターが貼られています。掲示板は私の町内だけでも10箇所ありますので、全体では相当な数になるはず、どこでもすぐに目に付きます。2015-02-27 11.04.01

宣伝の効果でしょうか、今日、歴博玄関でジオラマの組立作業をしていると、少し年配の御夫婦が入ってこられて、「あれっ、江若展はまだなんや、土曜日からなんや」と話されているのが聞こえてきました。前評判は上々、講演会も定員をオーバーしていて抽選になるのではという話も聞いています。また、これに合わせ2月15日に発売された本も各書店に並んでいます。歴博会場で購入すると、西村さん作成のキハ5120のペーパークラフトがついてきますが、売り切れになることも予想されますのでお早い目にお買い求めください。

CIMG8220k

3 thoughts on “「江若鉄道の思い出」展直前情報

  1. 大津の86さま
    江若展の直前情報、ありがとうございます。京都駅の電照広告は、確か東通路にあったはずと探したのですが、見つけることができませんでした。写真とデザインの取り合わせが、なかなかの感じを出しています。
    いよいよ明日から開場となりました。相変わらずのバタバタで、展示品の一部は、明日開場後の搬入ですが、会内外から、いろいろな方からの期待の声を聞き、快い緊張感を持って、明日を待っています。西村さんもレイアウトの据え付けも終わって、万全の態勢のようです。西村さんのペーパークラフトがおまけでつく「江若鉄道の思い出」も、開催前と言うのに館での売れ行き快調のようです。
    では、皆さま、明日以降、会場で。

    • 総本家青信号特派員様
      コメントありがとうございました。前回の浜大津スカイプラザでの浜大津界隈ジオラマ展示の折には、旧江若の社員の方がたくさんこられて、その中には亡くなられた元社員の方の遺影を持った御家族がこられたそうですね。今回もまた、多くの方が来られて、ドラマがあるのでしょうか。湖西、大津の住人には江若鉄道というのは何か特別のもののようです。

  2. 特派員様、86様
    いよいよ3月7日の朝を迎えました。どんなドラマがあるのか楽しみです。これから館に向かい、お客様を出迎えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください