乙訓の老人 鉄道、つれづれ草《続・続 富山地方鉄道のこと》

㊸㊹ 積雪の日を狙い、まず岩峅寺(いわくらじ)まで 2001年1月1日

㊺㊻ 翌日は立山線を往復、たのしかった

㊼㊽ 晴れた日、曇りの日で色違いにご用心!

㊾㊿ 年とともにホーム撮りは影をひそめたが、時としてカメラを向けることもある

51 車庫のぞきは楽しいことの一つ

51

53 西武鉄道より一編成を購入

53

54 常願寺川を爽やかに渡る

54

 

5 thoughts on “乙訓の老人 鉄道、つれづれ草《続・続 富山地方鉄道のこと》

  1. 乙訓の長老様 こんなん、知っておられますか。川の真上に家が建っているのです。道路をはさんですぐ地鉄電車が走っています。電鉄富山からすぐのところで、電鉄富山から電車がちょこっと顔を出しました。シャッターを押すタイミングが難しい。やっとものにした写真です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください