2016年 西方見聞録 Part19 フルカ・オーバーアルプ鉄道、フルカ山岳蒸気鉄道を撮る

デジタル青信号をご愛読の皆様方、またご投稿者の皆さま方、新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
ぶんしゅうは今年も投稿を続けさせていただきますが最近はボケが進行して来たのか、また初訪問の所が多く、中々記事がまとまらず投稿が遅れてばかりで申し訳ございません。加えて今回の旅ではカメラに取り付けた撮影場所記録をするGPSが不調で機能せず、もしもに備えてGPSロガーも用意していたのですがデータが飛んでしまう不運に見舞われました。こうなるとお手上げで、記憶を掘り起こしながら自力で行うしかなく、ボケ老人にはとても時間のかかる問題となりました。

第6日目 9月23日 その2

12:00 一旦ホテルに戻ってチェックアウトを行ってから荷物を載せて峠を目指しました。
▲ 12:46 撮影地;フルカ・オーバーアルプ鉄道(Furka-Oberalp-Bahn )
ホスペンタル(Hospental、1,452m)~ レアルプ(Realp、1,538m)のロイス川アーチ橋を渡る。 Google座標;46.614126, 8.550897
運転されておられるM代さんが「ひょっとしたら丁度、列車が来るかもしれない。」と言われて時刻表を確認されました。そして、「あるある、くるくる」と申されて車をUターンされてロイス川を渡るアーチ橋が見える道路の路肩駐車スペースに止められました。
おかげさまで、すぐにやって来た7両編成の列車をアルプス山脈を入れて撮ることが出来ました。M代さん、ありがとうございました。

▲ 拡大していただければお分かりと思いますが、ど真ん中の車両にだけパンタが上がっています。これが機関車のようで先頭車に総括制御の運転台が取り付けられているようです。乗ってみたかった編成です。

フルカ・オーバーアルプ鉄道(Furka-Oberalp-Bahn )】
フルカ・オーバーアルフ峠の2,033mを越えてディセンティス(Disentis)/Muster~Brig99.9㌔を結ぶ1,000㎜ゲージの鉄路です。ゲシェネンからも最高急勾配179‰の支線3.8㌔があって、アンデルマット(Andermatt)で接続しています。氷河急行が走ることでも有名で110‰の急勾配もあって、この区間はラック式で走行します。

▲ 13:21 Google座標; 46.595328, 8.501046
フルカ山岳蒸気鉄道Dampfbahn Furka-Bergstrecke)のレアルプ DFB駅に到着です。
この鉄路はここレアルプから標高2431mのフルカ峠2,160㎜を越え、ローヌ氷河の近くを通過してオーバーヴァルトへと向かう約17.8㌔の路線で1,000㎜ゲージです。
1982年の新フルカトンネルの完成により一旦廃止になりましたがボランティアによる復旧活動で1992年に復活再開業、冬季は積雪のため運休していますが夏季は蒸気機関車で運行しています。

▲ ホームに停まっていた列車のビュッヒェ車の内部です。駅舎では様々なグッズ類が販売されていました。

▲ 2つの鉄路の路線図です。1番上はフルカ山岳蒸気鉄道レアルプ DFB駅構内に掲示されていたイラストマップです。2番目はHPからの転載です。各駅の海抜が表示されています。3番目は、ボランティアによって復旧再開業となったフルカ山岳蒸気鉄道と新線を行くフルカ・オーバーアルプ鉄道の路線図です。

▲ 12:30 先まで行くとベトナムから買い戻したというHG 3/4形9号機が走行準備を始めていました。車庫中にも蒸気機関車がいるようでしたので入ってみました。

◀ 運行表と思われます。すべての運用が掲載されています。
クリックしますと読みとれます。

▲ 磨き上げられて車庫で休んでいたのはHG 3/4形の1号機と、HG 2/3形の6号機の2両でした。1号機もベトナム帰りです。

▲ 13:56 もうすぐ発車するようなので撮影ポイントまで歩いて探しながら向かいました。
しばらくすると汽笛が聞こえて9号機が単機で向かってきました。

▲ 14:32 オーバーヴァルトに向けて走行していきました。オーバーヴァルト着は16:35で、約2時間の乗車です。次回来た時は是非に乗ってみたいですね。

まだ早いのですが、今日の撮影はこれで切り上げです。今日のホテルは翌日の撮影を考慮して、国境を越えたオーストリアにあるそうでここからの距離は約200㌔強で、約3時間以上はかかるそうです。山岳ドライブとなりました。
▲ Google座標; 47.436282, 9.652704 宿泊するHotel Linde-Sinohausへのルートです。 Part20へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください