秋の中国一人旅2010年 Part13 CRH380Aと滬杭高速鉄道

第13日目 11月2日
① 上海虹橋10:00(G7307)→10:45杭州
② 杭州16:00(G7320)→16:45上海虹橋

今日は、2010年10月26日に開業した滬杭高速鉄道を走行する最新のCRH380Aに乗車して、上海虹橋から杭州までを往復します。

杭州駅で配布していたパンフレットからのスキャンです。上海虹橋~杭州間には、途中7駅が設けられています。

ホテルから余裕を持って出発しましたが、地铁が後2駅を残して駅間で停車して動きません。いつものように車内放送もなく10分も過ぎると、飛行機に乗られるであろうスーツケースを持った乗客達も落ち着きがなくなってきました。何とか走り出しましたが、次の駅で全員降ろされました。車両故障だったのか、遅れたので単なる間引きのための車庫入りなのか分りませんが、とにかく余裕がなくなったのは事実です。後続列車は直ぐに来ましたが、虹橋火車站ではダッシュしている乗客もかなりいました。


上海虹橋站
2Fコンコースに到着した時には、既に改札が始まっていました。車内は昨日朝に切符を購入した際にはガラガラ状態でしたが、ほぼ満員です。1持間に2~3本が走行していますので駅に着いてから購入する乗客が多いと言うことなんでしょうね。


ホームに下りて早速先頭車に行って初めてCRH380Aとご対面です。この車両はCRH2をベースに他のCRHの役立つ技術を取り入れて設計・製造されました。これを中国独自の技術と言うそうです。CRH2と違って、フロントノーズが長く高速走行用に改良されています。20種類ものモックアップを造って風洞実験等を行いこのスタイルに決定したそうですが、どこかの車両とよく似ているとの批評が新聞に掲載されていました。
しかしノーズ部が銀色に塗装されているのは、私的には好印象で品格さえ感じられました。乗務員専用ドアはありません。客室ドアから出入りします。500系は乗務員専用ドアがないのを嫌われて一線を退きました一因となっていますが、寧ろ日本の新幹線車両も展望車を設置して、こうあって欲しいと思うのは私だけではないと思います。

発車時間が真近かですので、各車両視察は到着後にして、席に着き発車から杭州到着までVTR撮影です。
定刻10:00にスムーズに発車しました。発車後は高架軌道を走行しますが、眼下には在来線が見えます。南京からの滬寧高速鉄道同様に在来線とほぼ並行して建設されています。

かなり高い高架橋を走行しますので、展望は最高です。まだ稲刈りが済んでいません。

発車後10分で300km/hを越え12分後には356km/hに達しました。そして今まで乗車した中国版新幹線では、350km/h走行はしますが長続きしません。320~330km/hが常用の運転速度でしたが、CRH380Aは速度低下がなく寧ろ350km/h以上の連続走行です。上下左右の揺れは全くありません。走行音も大変静かで快適な車内です。見事な走行と快適さを備えた列車と言って良いと思います。

滬杭高速鉄道には、始発6:12から終電21:00まで1日上下100本の超高速列車が運行されています。上海虹橋駅杭州駅間の途中の数駅に停車する列車が多いのですが、今日は往復ともノンストップの列車を選択しました。全長169キロを所要時間45分、表定速度225km/hで結んでいます。今までは、上海南駅杭州駅をノンストップ最短1時間18分で結んでいましたので、31分の短縮が計れています。

探し求めていた時刻表ですが、上海鉄路局分の最新版が杭州站でありました。今日からの発売開始だそうです。ちゃんと上海虹橋~杭州間の列車時刻が掲載されていました。

G7307次は快調に350km/h以上の連続走行を続けていましたが、発車後30分で減速しました。そして高架軌道から渡り線を通じて地上の在来線へと降りました。分岐した高架橋はまだ先へと延びていますがまだ工事中です。

曲線が続く路線を120km/h以下で走行し在来線杭州駅ホームに16:41に到着しました。4分の早点(早着)です。西安の新幹線の在来線駅発着スタイルとよく似ています。路線が延伸完成されますと杭州東駅からとなるでしょうが、市内中心部近くにある在来線の方が便利です。出来れば、杭州駅始発終着の列車は在来線発着にしておいて欲しいと思うのは殆どの利用者の意見でもあります。


下車後は、折り返し運転まで時間があります。無粋な乗務員や駅員から注意を受けない限り撮影できます。
車体はCRH2と同じ設計で車幅は3.4mとゆったりして、両端の車両はCRH3と同じく展望車となっています。
乗車した CRH380A-6013編成は、杭州站に向かってが1号車で
①ZEG601301(2等車と展望車)+②ZE601302(2等車)+③ZY601303(1等車)+④ZY601304+⑤ZEC1305+⑥ZE601306+⑦ZE601307+⑧ZEG601300(2等車と展望車)と、なっています。

鉄道ファンなら絶賛の展望席。運賃が2等の3倍と高いのが難点ですが、それでも日本の新幹線運賃と比較すれば安いものです。是非とも350km/h走行の実感を味わって欲しいとお薦めします。運転席と客室との仕切りは、日本板硝子が開発した透明・不透明を電気スイッチON/OFFで切替が出来る「調光ガラス」が使用されています。六甲ライナーの窓ガラスでも使用されているガラスです

さすが中国、コピー技術は超一流です。CRH2とCRH3の良い所をミックスして仕上がっています。おまけに8両固定編成中に1等車が2両あり、1両には1組のコンパートメント客室が設置されています。

1等車に設置された6名定員のコンパートメント客室です。取ってつけたようなパーテーションで囲われていますので、もう少し工夫が欲しいところです。

1等車2等車とも網棚や天井部のインテリアはCRH3様式が採用されていますが、特に洗面所への通路は客室から見えないようになっているのは好ましい設計です。勿論、車体のベースはCRH2ですので、幅広い車内や洗面所、そしてCRHシリーズ全車に採用されている転換リクライニングシートは、好評のCRH2様式となっています。
乗車中にPCを使用される乗客が増えたので、電源コンセントもCRHシリーズでは初めて各席に設置されました。窓下ではなく座席中央下ですので、通路側席の乗客も遠慮なく使用できます。これは、日本も見習って欲しいと思います。

車両は一応見ましたので、今度は走行写真が撮れるか沿線を歩く事にしました。杭州站横にある食堂街です。美味しそうなB級グルメのオンパレードです。

歩いていくと公園にかつての杭州站の歴史をレリーフにして展示されていました。

杭州站はかつての名称は「清秦站」で、1907年開業されましたが、その後城内に移転され「杭州站」として1910年に開業しているます。

線路を跨ぐ横断陸橋がありましたので上がってみましたら、高さ2mの金網フェンスが二重に張ってあります。一眼レフレンズでは抜けません。こんな時のためにコンデジのLUMIXを持ってきましたので、試しましたがこれでもダメでした。
地図を広げて鉄路と交差する道路を探しましたが遠方ですのでTaxiを使って向かいました。ようやく探し当てたのが閉鎖された後の駅上に架かる道路橋でした。高さ2mの金網フェンスは設置されていましたが1枚でしたのでコンデジなら抜けます。
CRH380Aも在来線ですので低速で走行してくれます。

杭州13:41発上海虹橋行きののG7422次 CRH380A8両編成です。

杭州14:00発上海虹橋行きののG7316次。この站も元は客扱いをしてきたようですが、利用者が少ないので廃止されています。実は中国鉄路には、こういった廃止駅が最近増えています。合理化と高速列車の運行が多くなったため、小さな站は片っ端に廃止しています。そして普通列車も次第になくなっています。


在来線ですので、客車列車も走ります。DF4D3059号機牽引の西安行き1154次と思われます。

撮り終えたところで、お腹が空いていましたので横断橋を降りてTaxiで、宋の時代の杭州の街並みをイメージして作られた清河坊(河坊街)を散策に行きました。杭州は3回目の訪問になりますが、清河坊へ行くのは初めてです


杭州といえば、豚の角煮の東坡肉、こじき鶏のハスの葉包み焼、西湖じゅんさいスープです。これが大好きで滞在中はいつも食べていましたが、今日はC級グルメに挑戦しました。

杭州站のCRH380A用の待合室です。人気の観光地だけあってビジネス客よりも観光客が多いようです。上海人は杭州を好きな人が多いと聞きます。45分で来られるようになったので、土日は日帰り観光客で満員になるでしょうね。

復路は、CRH380A-6014編成でした。 ①ZEG60141+②ZE601402+③ZY601403+④ZY601404+⑤ZEC601405+⑥ZE601406+⑦ZE601407+⑧ZED601400

新幹線用の 高架軌道に入りますとぐんぐんスピードを上げて直ぐに355km/hに到達し、上海虹橋站近くまで連続運転が続きました。

CRH380Aに乗車していて加速時、特に300km/hを超えてからはCRH2CやCRH3と比較にならないほどの余裕の加速力です。かなりのポテンシャルを持っていると感じましたが、先日も掲載しましたようにやはり500km/h走行が出来https://drfc-ob.com/wp/archives/10814るまでに仕上がっていました。
いくらコピーの名手とは言え、ここまで短時間の間に高速走行技術を高める事は簡単ではなかったと思います。国家命令で、国内また海外に行っていた優秀な秀才技術者を総動員して開発にあたったと聞いております。人件費の極めて安い中国ですので
製造コストも日本の数10%でしょう。今後、この車両をもってして途上国への海外輸出に踏み切るとなると、脅威です。多分日本の車両は技術面でもコスト面でも負けてしまいます。

先日もベトナムに日本の新幹線売り込みが成功していたのに国会で予算足りずで否決されました。もし、中国が売り込みを開始すれば価格面で問題なく、また隣国で線路(狭軌)がつながっていますので受注するかも・・。安全性の問題ですが、中国版新幹線開業後の車両不調での運休は結構ありましたが、大きな事故が発生したとの報道はありません。
皆様方もCRH380Aに一度ご乗車いただきご感想をお聞かせ下さい。 Part14へ続く

秋の中国一人旅2010年 Part12 上海虹橋駅

第12日目 11月1日
① 天津21:53(D341)→7:14上海虹橋
② 地铁 虹橋火車站→東安路→ホテル
③ ホテル→地铁東安路→豫園→上海站
④ 上海站→南京路→外灘→地铁東安路→20:30ホテル

6時過ぎに目覚めて車窓を見ると、並行する在来線が見えました。眠っていて分りませんでしたがどうやら南京から7月に開業した滬寧高速鉄道に乗り入れたようで、走行速度も200km/h以上は出ています。D341次に使用されている編成は、CRH2を寝台列車用に車内を設計変更したCRH2-E形で、最高速度は250km/hです。最高速度350km/hで走行する寧高速鉄道を走行するのはダイヤ編成上無理がありますが、早朝の上海方面行きCRH2-E編成のみが連続運行された最終後に最高速度350km/hのCRH2-C・CRH3・CRH380Aが走り出すように上手くダイヤ編成されています。従って、上海までに下車する客もいますが、乗車する客もいます。

6:12
D341次无錫(無錫)に停車しました。ホームは在来線横に新たに造られています。无錫から苏州(蘇州)にかけての沿線は、水路がはり巡らされた水郷の村々が続きます。朝霧が幻想的に漂う墨絵の車窓に釘づけになりました。


停車・通過站を見てきましたが、殆どが広大で高さがある屋根付き鉄骨ドームです。軟臥下鋪の車内サービスにスリッパがありましたが、見るのは初めての赤・黄と鮮やかやカラーです。こんなところにも変化を遂げようとする中国鉄路の一端が見えます。

【アジアで1番、広大な上海虹橋站】
定刻7:05に16面30線、甲子園球場グランド面積の約18.5倍の広大な24万㎡の面積を誇る上海虹橋站に到着しました。广州南站も大きかったですが、これを凌ぎます。上海虹橋站は中国鉄路站の他、平行して上海リニアの杭州延伸線ホーム用地も確保されています。また地下には、既に上海地铁2号線、10号線(2010年11月30日開通)が乗り入れていて、市内へのアクセスも万全です。地鉄は、今後5号線、17号線も乗り入れる計画があります。

そして最も大きな利点は、中国鉄路站として初めて空港に直結している站である事です。日本では既にJR在来線や私鉄が乗り入れている空港がありますが、新幹線はありません。上海虹橋站は、北京・南京・杭州・武漢に向かう高速列車が乗り入れています。上海虹橋空港は、中国全土に飛び立つ国内線の他に国際線も一部発着しています。新幹線と国内・国際空港が合体した站として、利用者にとっては非常に便利な一大ターミナルとなりました。


現在、滬寧高速鉄道(上海虹橋・上海~南京)と滬杭高速鉄道(上海虹橋・上海~杭州)の新幹線の他に武漢・北京(寝台列車のみ)が乗り入れ、来年2011年には待望の京滬高速鉄道(上海虹橋・上海~北京南)が開通予定です。南京~上海虹橋間では在来線の他に並行して2本の新幹線が走ります。

16面30線は、中国鉄路站では最大規模と思いますが、ホーム幅も15m以上あり、端のホームは霞んでいます。10面19線が350km/h以上で走行する高速鉄道用、6面11線が200~250km/hで走行する城際高速鉄道用として使用されています。ここにCRH1、CRH2、CRH3、CRH2-300、そして最新のCRH380Aの高速列車のみが発着します。

日本のように通勤列車は殆どなく、中長距離列車が多いのが中国鉄路です。空港の到着ロビーのように到着列車の状況が掲示されています。「正点」は定刻着、「晩天」は延着、「早点」は日本ではありえませんが早着です。

他の中国鉄路站同様に乗車は2階、下車は地下1階からとなっています。改札出口から地下コンコースに出ましたが、ここもすごい! 余裕たっぷりの通路にスーパー、レストラン等々が並んでいます。地鉄切符売場窓口も込み合うことがない、ゆったりとしたスペースです。広いという事は、全てに開放されたイメージを受けます。出来ればこれだけ広いのですから、「動く歩道」や「手荷物カート」が望まれるのではと思いました。隣接する上海虹橋空港とも結ばれています。

高速鉄道専用の自動切符販売機は、至る所に設置されていますので並ばず買えます。使用方法は北京南站、天津站等々の既に営業している高速鉄道駅とほぼ同様です。日本のように新型旧型が混在しているのと比べると、シンプルで逆に使い勝手が良いと思います。

運賃(中国鉄路では運賃と料金の区別はなく運賃で統一されています)は、ノンストップ、途中駅停車とも同一料金で、「のぞみ」と「ひかり」で料金が異なるのとは違いシンプルです。ただ、1等と2等では運賃が約1.6倍で、京津高速の約1.2倍より高くなっています。上海虹橋~杭州間では、1等131元(約1,600円)2等・立席共82元(約1,000円)展望車・1等コンパーメントは約3倍の246元(約3,100円)です。
今日は上海虹橋站見学と上海地铁未乗車区間の乗車です。明日、明後日乗車予定の切符を買っておきました。

地下コンコース内で可愛いお嬢さんが割引券を配っていました。お腹が空いていたので、その中華ファーストフード店へ直行。上海に来たら、やはり小籠包とお粥です。これで12元(約150円)、味はまあまあ美味しかったです。



エスカレータで地下から2階へ上がりますと、天井の高いドーム形の乗車用コンコースになっています。反対側がが霞むほど広大です。

2Fコンコース中央には鉄道案内所もあります。私も10月改正の最新時刻表が欲しかったので、どこで販売されているのかを聞きましたが「まだ販売されていない」と言われました。そうなんです。中国鉄路では、時刻改正が予定されていても日本のように前月から時刻表は販売されません。改正後しばらく経ってからの販売となります。
広大な駅構内ですので至る所に案内板や構内図が設置されています。これがないと今自分がどこにいるのか分りません。

3階のテラスデッキから見る光景です。今日は外も黄沙で霞んでいます。

【世界一の総延長キロを誇る上海地铁】
約2時間をかけて上海虹橋站を視察後、地下コンコースへと戻り地铁切符売場でお得な1日券18元(約220円)を購入して地下2階ホームへ下りました。

ホテルにチェックイン後、重い荷物を置いて未乗車区間の乗車を試みましたが、上海万博に向けて急ピッチで新線や既存路線延伸が行われた結果、上海地铁の総延長は世界1位の約500キロにもなっています。延伸された区間乗車が厄介で、今日1日だけではとても乗り切れません。夜行列車乗車後に朝早くから重い荷物を引きずって歩いたので老体には応えてきました。旅の終盤で疲れも溜まってきていますので、こんな時は無理せずに日和る方が良いと小籠包の美味しい豫園に寄りました。

名物のスープたっぷりの大籠包と普通サイズ小籠包に生ビール1本を付けて72元(約900円)、観光地だけあって美味しいが高い昼食です。右上は、夕食メニューです。焼飯に豚の角煮と茄子や野菜を煮込んだ料理にビールを付けて53元(約660円)。ボリュームでは上でした。

駅構内に掲載されていた最新の上海地铁路線図です。15年前に北京、天津に続いて中国3番目の地下鉄として開業しましたが、今や総延長キロでは世界1位となりました。経済発展と共に驚きの開業スピードです。これも一党独裁政権、土地の国有化が成せる技でしょう。日本のように住民の了解を必要としません。「中国で出来ない事は何もない」と、中国人に言われましたが、まさにその通りです。政府側での決定があれば、逆らっても得はない事を人民はよく知っています。経済発展に必要不可欠な交通インフラ整備が驚異的に進む要因はそこにあります。
詳しい路線図・駅名等につきましては、下記の公式HPをご覧ください。
http://www.shmetro.com/2010version/TOSFlash/TOSFlashWS.html#

豫園で小籠包を堪能した後は、地铁に再乗車して上海鉄路駅に時刻表がないかを確認に行きましたが、やはりまだ配布されていないとの返答でした。 仕方ありません。折角の上海です。昨年来た時は、上海万博を控えて外灘は閉鎖されていました。どう綺麗になったのかと見学に行きました。

租界地外灘のライトアップは、6:30点灯です。観光客多数でその時を待ち受けました。

今日も 長い1日が過ぎました。ホテルに戻ってシャワーを浴びた後はバタンキューの世界に入って行きました。 Part13へ続く